ここから本文です

「H3」ロケットの「LE-9」エンジン、燃焼試験を実施

5/30(火) 13:36配信

sorae.jp

JAXAは2017年5月22日、ロケットエンジン「LE-9実機型#1-1」の第4回となる燃焼試験を行いました。実験は種子島宇宙センターで行われ、10.5秒の試験が実施されました。
 
この「LE-9」はエンジンサイクルに「エキスパンダ・ブリード・サイクル」を採用。JAXAの次期ロケット「H3」の第1段に搭載されます。エンジン出力は150トンで、「H-II」ロケットに搭載された「LE-7」エンジンの112トンから大幅に推力が向上します。
 
なお現在運用されている「H-IIA」ロケットは2023年に運用を終了し、H3は2020年に種子島から試験機1号機が打ち上げられる予定です。
 
明日6月1日には「H-IIA」ロケットによって準天頂衛星システム「みちびき2号機」が打ち上げられますが、こちらの打ち上げも楽しみに待ちたいですね。

最終更新:5/30(火) 13:36
sorae.jp