ここから本文です

次世代を担うハイパフォーマンスな5シリーズ「BMW 530e iPerformance」は、ただのPHVにあらず

5/30(火) 7:30配信

オートックワン

BMWブランドとして日本に導入される5車種目のプラグインハイブリッド

2017年の2月より日本での発売が開始されたBMWの新型5シリーズ。好評とともに好調な販売をスタートしている流れに水を差すようなことにならないことを願いつつ、ひと言申そう。

BMW 530e iPerformance(画像55枚)

いま5シリーズが気になっている方は、さらなる注目モデルがそう遠くない先に日本に入ってくると踏まえておくと良いだろう。BMWブランドとして日本に導入される5車種目のプラグインハイブリッド(PHV)「530e iPerformance」がそれだ。

BMWが次世代プレミアムの世界を見越して立ち上げたサブブランド「BMW i」が鍛え上げた様々な先進技術のなかでも、電気の力を使ったプラグインハイブリッド技術などの動力源に焦点を当ててBMWとして展開しているのがiPerformanceモデル。ハイパフォーマンスを求めたBMWのサブブランド「M」が鍛え上げた技術の一部をBMWで展開するM Performanceモデルと考え方は同じ。BMWとしてはこの「i」と「M」を性能の牽引役に、iPerformanceとM Performanceを橋渡しモデルとして、BMW全モデルの商品力を次世代に向けて性能を偏らせることなく底上げする戦略を掲げている。

その戦略を推進させるうえで大事なモデルとなる530e iPerformanceの完成度が悪いわけがない。ひと足早くドイツで試乗してきた限り、その乗り味はとても魅力的であり、冒頭での書き出しになったわけだ。

リアシート下にバッテリーを搭載し、乗り味の洗練をはかる

バッテリー容量9.2kwh。カタログ上でのEV航続可能距離は52.5km。満充電まで200V普通充電で約4時間かかる。実走行で正確に測ることはできなかったが、実質30~40kmくらいガソリンを使わずに走れるプラグインハイブリッドモデルと捉えると良いだろう。

組み合わされるエンジンは、排気量2リッターの直列4気筒の直噴ターボエンジン。動力機構としてはエンジン→クラッチ→モーター→8速AT→リアタイヤという形式をとっており、電気モータードライブが可能なのはもちろんのこと、その電気モータードライブに対しても変速効果やコースティング(エコプロモード使用時)機構を発揮させられるのが特徴。

またひと足早く登場した7シリーズのiPerformanceモデルの「740e」同様に、バッテリーはガソリンモデルでいう燃料タンクがあるリアシート下に搭載。居場所を奪われた燃料タンクはトランクルームの奥床下に相当するリアアクスル直上になるべく低くめり込ますようにして搭載。その背景には、バッテリーは使用状況に関わらず絶えず重いが、燃料タンクはガソリン燃料を使うほどに軽くなる。走りへの重量影響を踏まえて、低重心かつ前後重量バランス向上のバランスウェイトに使うため、絶えず重いバッテリーをリアシート下に搭載して乗り味の洗練もはかったという。

1/3ページ

最終更新:5/30(火) 7:30
オートックワン