ここから本文です

独身の「交際中」激減 30年前4割台→現在男性23%女性31% 道内NPO調査

5/30(火) 7:02配信

北海道新聞

「結婚したい」は8割

 NPO法人「北海道マリッジ・カウンセリングセンター」(札幌市中央区)は、道内の独身男女の結婚に関する意識調査の結果をまとめた。「現在交際している人がいる」と答えた人は、約30年前は男女ともに40%台だったが、現在は男性23%、女性31%にとどまる。結婚を希望する人は80~90%台と、約30年前から高水準で推移しており、センターは男性の道外への流出や出会いの場が少ないことを指摘している。

 「結婚したいと思う」と答えたのは男性83%、女性85%だったが、実際に「交際している」という人は、男女ともにこれまでで最も低かった。

 交際相手の有無では、記録が残る85年以降を比べると、同年は男性45%、女性44%が「交際中」と答え、89年の男性60%、女性58%をピークに減少傾向にある。

 札幌市北区の結婚相談所「オフィス・アン」の斎藤美智子代表(73)も「特に札幌は適齢期の男性が道外に出ることで、女性が余っている」との見方をする。斎藤さんは「経済的に結婚することが厳しいという人も増えた。夫婦で働いて生活することも考え、どう生きるかを考えることが大切」と助言した。

北海道新聞

最終更新:5/30(火) 7:02
北海道新聞