ここから本文です

園児が1日店長&詐欺被害防止呼びかけ 高知・高知市

5/30(火) 19:05配信

テレビ高知

テレビ高知

きょう5月30日は「消費者の日」です。子どもも大人も「賢い消費者」になってもらおうと、高知市のデパートで園児らが「一日店長」を務めました。

高知大丸の一日店長を務めたのは、高知市の高須幼稚園の年長組の園児24人です。朝礼から元気に顔をそろえました。

(園児)
「おはようございます。きょうも一日元気に頑張りましょう。」

そして買い物客に正しい消費行動を呼びかける冊子などを配ったり、実際に接客をしたりしました。

慣れない接客に園児たちは一生懸命取り組みながら、サービスをすることでお客さんに喜んでもらえることを実感していました。

(園児)
「うれしかった。」「あげるのが楽しかった。」
「はあ~。(大きなため息)」

(県立消費生活センター 安岡千真夫所長)
「子どもたちの行動を見てお金の使い方や物を大事にする気持ちを(消費者に)学んでいただければと考えています。」

またきょうは「特殊詐欺被害ゼロの日」で、園児達は街頭に立ち、被害にあわないよう呼びかけました。

(園児)
「おかしな電話に気を付けて。おじいちゃん、おばあちゃん、気を付けて!」

今年の県内での特殊詐欺被害は今月24日までに13件起きていて、被害総額はおよそ2200万円です。イベントを企画した県は今年特に増えている架空請求の被害などに気をつけるよう呼びかけていました。

最終更新:5/30(火) 19:05
テレビ高知