ここから本文です

アカデミー賞100本レビュー・7:『ブレードランナー』『T2』登場!

5/30(火) 18:53配信

Stereo Sound ONLINE

アカデミー賞は世相を反映する

 1929年、第1回目の授賞式が行なわれたアカデミー賞。同賞の受賞/ノミネート作品は世相を反映することが多いため、その歴史を紐解けば、同時にアメリカがどのような変遷を辿ってきたかが浮かび上がるのではないでしょうか?

 そこで、Stereo Sound ONLINEで「映画の交叉点」を連載中の映画評論家・久保田明さんが、これまでアカデミー賞を受賞、もしくはノミネートされた映画の中から国内盤Blu-ray / DVDになっている作品を100本を選択。その時々の時代背景を踏まえつつ、アカデミー作品について語ります。

(Stereo Sound ONLINE 編集部)

---

■SF映画新時代の到来

 潮が満ちたのはやはり『スター・ウォーズ』と『未知との遭遇』が共に大ヒットを記録した1977年だろうか。ミニチュアワーク、大小のメカニカルを利用したロボット操演、フォーム・ラテックスなどの新素材を使った特殊メーキャップ、多重露光による光学合成、そしてコンピューター制御されたモーションコントロール撮影などのアナログ特撮(SFX)の技術が革新され、1980年代のハリウッドはSF/ホラー/ファンタジー映画のブームを迎えた。

 ジョン・ランディス、ジョー・ダンテ、デヴィッド・クローネンバーグ、サム・ライミらの新鋭監督が登場。また『スター・ウォーズ』のジョン・ダイクストラ、『ポルターガイスト』のリチャード・エドランド、『未知との遭遇』のダグラス・トランブル、『ターミネーター』のスタン・ウィンストン、『狼男アメリカン』のリック・ベイカーら、裏方だったSFXマンも脚光を浴びることになった。時代も技法も変わったが、これらは現在のデジタル特撮(VFX)の土台ともなっている。

 一方、世界は大きく動いた。ポーランドやハンガリーなどで共産党体制が倒れ、1989年11月にベルリンの壁が崩壊。同年12月、アメリカのジョージ・H・W・ブッシュ大統領とソ連のゴルバチョフ書記長が地中海のマルタ島で会談し、半世紀近く続いた冷戦の終結を宣言した。そして1991年12月25日、ソビエト連邦が解体され、新生ロシア連邦として独立する。


【ブレードランナー】(1982)
第55回:1983年4月11日授賞式開催
■監督:リドリー・スコット
■出演:ハリソン・フォード/ルトガー・ハウアー/ショーン・ヤング
■アカデミー賞:
<ノミネート>
美術監督・装置/視覚効果賞
種類:Blu-ray
価格:―
販売元:ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

シド・ミードによる各種のデザイン、フランスのコミック作家メビウスやエンキ・ビラルのSF漫画からのインスピレーション、ダグラス・トランブルの光のSFX。ジョーダン・クローネンウェスの撮影とヴァンゲリスの音楽。そしてもちろんこれらの取捨をしたリドリー・スコットの演出センス! いまだこのヴィジュアルを越える近未来像の提出がないのが残念にさえ思えるSFハードボイルドの金字塔だ。

たくさんのオモチャの友だちと暮らす早老症の技師セバスチャン(ウィリアム・サンダーソン)が劇中、命を落としてしまったのが残念。今秋公開の続篇『ブレードランナー2049』でも観たいくらいの悲哀のキャラクターだったのだが。


【トッツィー】(1982)
第55回:1983年4月11日授賞式開催
■監督:シドニー・ポラック
■出演:ダスティン・ホフマン/ジェシカ・ラング
■アカデミー賞:
<受賞>
助演女優賞
<ノミネート>
作品賞/主演男優賞/監督賞/脚本賞/撮影賞/歌曲賞/音響賞/編集賞
種類:Blu-ray
価格:4743円(税別)
販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

売れない中年男優ドーシー(ダスティン・ホフマン)が女装をしたら、個性派女優ドロシーとして人気者に。そのドタバタをテリー・ガー、ビル・マーレイらの芸達者を揃えて描いた快作コメディ。ドーシーが一目惚れする新人女優を演じたジェシカ・ラングは、『女優フランシス』で主演女優賞、こちらで助演女優賞に同時ノミネートされ、助演賞を獲得した。後年、『ブルースカイ』(1994年)で主演女優賞にも輝く。デビュー作の『キングコング』(1976年)でおっぱいぽろりの“薄絹ヒロイン“を演じていたラングの大成長だった。


【E.T.】(1982)
第55回:1983年4月11日授賞式開催
■監督:スティーヴン・スピルバーグ
■出演:ディー・ウォーレス/ヘンリー・トーマス
■アカデミー賞:
<受賞>
作曲賞/視覚効果賞/音響賞/音響効果編集賞
<ノミネート>
作品賞/監督賞/脚本賞/撮影賞/編集賞
種類:Blu-ray
価格:1886円(税別)
販売元:NBCユニバーサル

前カゴにE.T.を入れてエリオット少年が自転車を漕ぐシルエット。アンブリン・エンターテインメントのロゴマークにもなったこの自転車が、大阪の桑原商会(現KUWAHARA BIKE WORKS)が輸出専用に作っていたBMXというのは有名な話。近所の子どもたちからメーカー名を聞き、スピルバーグ自身が赤と白で塗装をした。

子ども時代に住んでいたアリゾナ州フェニックス市郊外の丘の上で見た夜空。両親の離婚。空想をした友だち。スピルバーグ全作品のなかで最も私的な一篇といえる。その繊細さとユーモアが世界中の観客を魅了した。


【危険な年】(1982)
第56回:1984年4月9日授賞式開催
■監督:ピーター・ウィアー
■出演:メル・ギブソン/シガーニー・ウィーヴァー/リンダ・ハント
■アカデミー賞:
<受賞>
助演女優賞
種類:DVD
価格:1429円(税別)
販売元:ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

1965年。スカルノ独裁政権下のインドネシアを舞台に、異国で出会った男女(メル・ギブソン&シガーニー・ウィーヴァー)の陽炎のような愛を描いたサスペンス・ドラマ。演出は『刑事ジョン・ブック/目撃者』(1985年)などのオーストラリアの名匠ピーター・ウィアー。男性カメラマンを演じたリンダ・ハントが助演女優賞を射止めるという珍しい結果になった。


【アマデウス】(1984)
第57回:1985年3月25日授賞式開催
■監督:ミロス・フォアマン
■出演:F・マーレイ・エイブラハム/トム・ハルス
■アカデミー賞:
<受賞>
作品賞/主演男優賞/監督賞/脚色賞/美術監督・装置/衣装デザイン賞/メイクアップ賞/音響賞
<ノミネート>
撮影賞/編集賞
種類:Blu-ray
価格:2381円(税別)
販売元:ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

ピーター・シェイファーのトニー賞受賞劇の映画化。天才音楽家モーツァルトに嫉妬する宮廷音楽家サリエリを好演したF・マーレイ・エイブラハムの主演男優賞ほか全8部門受賞を果たした華やかで味わい深い名作である。メイクアップ賞を受けたディック・スミスは『エクソシスト』や『ゴッドファーザー』でも知られる特殊メーキャップ界の先駆者。編み出した技法を広く後進に伝え、このジャンルの隆盛に大きく寄与した。


【ハンナとその姉妹】(1986)
第59回:1987年3月30日授賞式開催
■監督:ウディ・アレン
■出演:ウディ・アレン/マイケル・ケイン/ミア・ファロー/ダイアン・ウィースト/キャリー・フィッシャー
■アカデミー賞:
<受賞>
助演男優賞/助演女優賞/脚本賞
<ノミネート>
作品賞/監督賞/美術賞/編集賞
種類:DVD
価格:1419円(税別)
販売元:20世紀フォックスホームエンターテイメント ジャパン

脚本賞は16回のノミネートで、うち受賞が3回。監督賞はノミネート7回で受賞が1回。当代有数の語り部ウディ・アレンが絶頂期に発表した(ポジティヴ風味の)人生コメディー。

3姉妹の次女を演じて助演女優賞を受けたダイアン・ウィーストは、アレンとのコンビ作の『ブロードウェイと銃弾』(1994年)でも同賞に輝く。第59回(1987年開催)の授賞式で製作者や共演者に感謝を捧げた彼女は、控え室に戻ってからアレンの名を挙げていないのに気がついた! でも、忘れちゃったー、とニコニコ。今も昔も鈴を転がすような声のかわいい女優さんだ。


【マイライフ・アズ・ア・ドッグ】(1985)
第60回:1988年4月11日授賞式開催
■監督:ラッセ・ハルストレム
■出演:アントン・グランセリウス/メリンダ・キナマン
■アカデミー賞:
<ノミネート>
監督賞/脚色賞
種類:DVD
価格:1800円(税別)
販売元:IVC

人工衛星に乗せられて、ひとり地球の周りを回っていたライカ犬に比べればボクは幸せなのかもしれないな。スウェーデンの田舎町を舞台に12歳の少年の成長を描いた傑作ドラマ。憂いとユーモアの配分を認められ、監督のラッセ・ハルストレムはアメリカに招かれて『ギルバート・グレイプ』(1993)、『ショコラ』(2000年)、『マダム・マロリーと魔法のスパイス』(2014)などの秀作を撮る。ハリウッドの歴史は異国から来たクリエイターたちが作ったそれでもある。


【ロボコップ】(1987)
第60回:1988年4月11日授賞式開催
■監督:ポール・ヴァーホーヴェン
■出演:ピーター・ウェラー/ナンシー・アレン
■アカデミー賞:
<受賞>
特別業績賞
<ノミネート>
音響賞/編集賞
種類:Blu-ray
価格:1905円(税別)
販売元:20世紀フォックスホームエンターテイメント ジャパン

過剰なセックス描写の奥にゆらめく愛の情感。ルトガー・ハウアー主演の『危険な愛』(1973年)が第46回(1974年開催)アカデミー賞の外国映画賞候補になったポール・ヴァーホーヴェン監督によるヴァイオレンスSF。民営化され、利権の温床になった警察機構、(劇中登場するTV-CFの)家族みんなでニコニコ楽しむ核戦争ゲーム。ベビーフードで動く、返り血で汚れたサイボーグ警官など、暴力描写以上にブラック・ユーモアが凄まじく、続篇2本とリメイク(2014年)が作られたが、爆発力はこれが群を抜く。

ケヴィン・ベーコン主演の『インビジブル』(2000年)を最後に母国オランダへ帰ったヴァーホーヴェンは戦争ドラマ『ブラックブック』(2006年)などを発表。今年の8月には主演のイザベル・ユペールがアカデミー主演女優賞(第89回)にノミネートされた奇抜なエロティック・サスペンス『エル ELLE』(2016年)が日本公開される。


【ワンダとダイヤと優しい奴ら】(1988)
第61回:1989年3月29日授賞式開催
■監督:チャールズ・クライトン
■出演:ジョン・クリーズ/ジェイミー・リー・カーティス/ケヴィン・クライン
■アカデミー賞:
<受賞>
助演男優賞
<ノミネート>
監督賞/脚本賞
種類:Blu-ray
価格:2381円(税別)
販売元:20世紀フォックスホームエンターテイメント ジャパン

助演男優賞を受けたケヴィン・クラインのほかにも、製作、脚本を兼任したジョン・クリーズとマイケル・パリンの“モンティ・パイソン”組、ヒロインのジェイミー・リー・カーティスら俳優の大快演が楽しめる犯罪コメディ。

1940~50年代にイギリスで作られ“イーリング・コメディ”と呼ばれたヒネリとブラックユーモアに満ちた映画群(『白衣の男』や『マダムと泥棒』など)の今日的展開だ。モンティ・パイソンのルーツを探れる1本としても興味津々。


【グッドフェローズ】(1990)
第63回:1991年3月25日授賞式開催
■監督:マーティン・スコセッシ
■出演:レイ・リオッタ/ロバート・デ・ニーロ/ジョー・ペシ
■アカデミー賞:
<受賞>
助演男優賞
<ノミネート>
作品賞/助演女優賞/監督賞/脚色賞/編集賞
種類:Blu-ray
価格:2381円(税別)
販売元:ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

ケヴィン・コスナーの『ダンス・ウィズ・ウルブズ』(1990年)が作品、監督ほか7部門を獲得した年。こちらは6部門ノミネートで受賞はジョー・ペシの助演男優賞のみに終わったが、この華やかで血しぶきが舞うギャング映画がマーティン・スコセッシ監督(とその仲間たち)の最高傑作であること間違いないだろう。

監督賞に8回、脚色賞に2回ノミネートされているスコセッシは、『ディパーテッド』(2006年)で遂に監督賞を受けたとき、万雷の拍手に応えながら「もういちど封筒の中味を確認してもらえるかい?」とジョークを飛ばした。少しの本音も混じっていたのかもしれない。


【羊たちの沈黙】(1990)
第64回:1992年3月30日授賞式開催
■監督:ジョナサン・デミ
■出演:ジョディ・フォスター/アンソニー・ホプキンス
■アカデミー賞:
<受賞>
作品賞/主演男優賞/主演女優賞/監督賞/脚色賞
<ノミネート>
音響賞/編集賞
種類:Blu-ray
価格:1905円(税別)
販売元:20世紀フォックスホームエンターテイメント ジャパン

先日死去したジョナサン・デミ監督の代表作。第1回でも触れたように、『或る夜の出来事』(1934年)、『カッコーの巣の上で』(1975年)、そしてこの名篇以降、(1)作品、(2)監督、(3)脚本(脚色)、(4)主演男優、(5)主演女優の主要5冠を制覇した作品は生まれていない。男女優賞の受賞が難関なのだ。

人喰いレクター博士を演じたアンソニー・ホプキンスは全篇の1/4、28分ほどしか登場しない。実際に画面に映っているのはこの半分以下。それでいまもパロディにされるようなインパクトを残すのだから、これぞ名優のハマリ役だったのだろう。

まばたきをせずじっーと相手を凝視する博士の視線は、『2001年宇宙の旅』(1968年)のコンピュータHAL9000の赤いレンズを意識したものともいわれている。


【ターミネーター2】(1991)
第64回:1992年3月30日授賞式開催
■監督:ジェームズ・キャメロン
■出演:アーノルド・シュワルツェネッガー/リンダ・ハミルトン/エドワード・ファーロング
■アカデミー賞:
<受賞>
メイクアップ賞/視覚効果賞/音響賞/音響効果編集賞
<ノミネート>
撮影賞/編集賞
種類:Blu-ray
価格:1886円(税別)
販売元:NBCユニバーサル

T-800型(アーノルド・シュワルツェネッガー)の勇姿を大画面で味わうチャンス! 今夏(8月11日公開)日本で3D版が世界最速公開される人気作。受賞はゲイリー・ライドストームの音響効果編集賞など技術部門のみだが、だからこそ素晴らしいともいえる。今年の秋からいよいよ『アバター2』(2020年)~『アバター5』(2025年予定)の撮影に入るジェームズ・キャメロン監督。驚愕のヴィジュアルに挑むだろうが、うーん、数年以上かかり切りになるよりほかの映画を、という欲目も生じる。


【今回のこぼれ話】
アカデミー賞の投票は授賞式の1週間ほど前に世界最大手の会計事務所プライスウォーターハウスクーパースで集計され、結果は当日まで金庫で厳重に保管される。

壇上で封筒を開けたプレゼンターが口にする「アンド・ジ・オスカー・ゴーズ・トゥ~」という決まり文句は、第60回(1988年開催。『ラストエンペラー』が9部門ノミネート、9部門制覇を果たした年)までは「アンド・ザ・ウィナー・イズ~」だった。なぜ改められたのかというと、ノミネートの時点で全員が勝者なのだから、という意見が大勢を占めたため。

翌年の第61回授賞式からは、たとえば事実婚相手のカート・ラッセルと一緒に登場したゴールディ・ホーンがニコニコと、「アンド・ジ・オスカー・ゴーズ・トゥ・バリー・レヴィンソン・フォー・レインマン!」と監督賞を発表している。

十字軍の戦士が剣を持ち、フィルムのリールの上に立っているオスカー像をデザインしたのは、MGM(メトロ・ゴールドウィン・メイヤー社)の美術監督で、自身も『若草物語』(1949年)や『巴里のアメリカ人』(1951年)などで11個のオスカーに輝いたセドリック・ギボンズ。像の正式名称は、アカデミー・アワード・オブ・メリットだ。

---

<久保田明 プロフィール>
映画ファンから絶大な人気を誇った伝説の情報誌「シティロード」の編集を経て映画評論家に。以後さまざまな媒体に登場し、その深い考察で読者を唸らせている。Stereo Sound ONLINEで「映画の交叉点」を連載中。また、月刊HiViのソフトページ「VIDEO SOFT VIEW」コーナーで、LD時代から20年以上にわたり活躍している。

Stereo Sound ONLINE / 久保田明

最終更新:5/30(火) 18:58
Stereo Sound ONLINE