ここから本文です

今シーズンを締めくくるゴールを決めたアルカセル クラブに生き残れるか「来シーズンは……」

5/29(月) 23:55配信

theWORLD(ザ・ワールド)

期待以上の活躍はできず

バルセロナは27日にコパ・デル・レイ決勝でアラベスに3-1で勝利し、同大会3連覇を成し遂げた。

この日、だめ押しとなる3点目を決めたのはパコ・アルカセルだ。アルカセルは今シーズンよりバルセロナに加入し、MSNのバックアッパーとして期待された。しかし思うような結果を残すことはできず、1年でクラブを去るのではないかと囁かれている。アルカセル本人も去就はクラブ次第だと語った。同選手のコメントを『ESPN』が伝えている。

「僕はいまここにいるし、ここで幸せだ。来シーズンに関しては僕次第ではなく、監督やコーチ次第だ。ハードワークが重要なゴールという形で表れたことはとても嬉しいよ。シーズン中、例え上手くいかなくても、今のことや次の試合のことだけに集中してきた。その報いが最後にきたね。諦めるつもりはないよ。常に自分のベストを尽くさなければならない」

チームのシーズンを締めくくるゴールを決めたアルカセルは、日々の努力の証が結果となった。23歳のバックアッパーは、先輩たちを脅かす存在にはなれなかったものの、ここで得たものは相当大きいはずだ。来シーズンはクラブ次第となっているが、どこでプレイしてもここでの経験が役に立つだろう。

https://www.theworldmagazine.jp

スポーツナビ サッカー情報