ここから本文です

Skoop On Somebodyの選曲「20世紀キラキラプレイリスト」とは?

5/30(火) 11:30配信

TOKYO FM+

5月24 日にデビュー20周年記念シングル「Every Kiss, Every Lies」をリリースし、6月15日にはミニアルバム『SING+DANCE』をリリースするSkoop On SomebodyのTAKEさんとKO-ICHIROさんが、TOKYO FMの番組に出演。「20世紀キラキラプレイリスト」をテーマに、おすすめの3曲を紹介してくれました。

アーティストやクリエイターが普段どんな曲をどんなときに聴いているのか、覗き聴きしていく「LISTEN! MY PLAYLIST」のコーナー。この日のゲストはデビュー20周年を迎えたSkoop On Somebodyのボーカル・TAKEさんと、キーボードのKO-ICHIROさん。80年代・90年代に流行した「20世紀キラキラプレイリスト」3曲を紹介してくれました。


◆「I'll Make Love To You」(Boyz II Men)

TAKE「R&Bをすごく広く世の中に広めたといえば、Boyz II Menですかね」

KO-ICHIRO「はいはい、そうです、そうです」

TAKE「歌詞の内容はセクシーな感じですが、まさに20世紀のキラキラソングです」


◆「I Love Your Smile」(Shanice)

KO-ICHIRO「女性ボーカルできらきらな感じの曲を選びました」

TAKE「懐かしいですね~! 照れるくらいキラキラしてますね!」


◆「Whip Appeal」(Babyface)

TAKE「20世紀のR&Bを代表する……といえば、Babyfaceですね」

KO-ICHIRO「Babyfaceは夜っぽい曲が多いよね。わりとエレピがキラキラしてるから、この曲だとサウンド的にも爽やかで、お昼にぴったりだと思います」


デビュー20周年記念として、約5年半ぶりのシングル「Every Kiss, Every Lies」をリリースしたばかりのSkoop On Somebody。6月15日にはオリジナルミニアルバム『SING+DANCE』も発売されます。6月からは全国ツアー「Skoop On Somebody 20th anniversary LIVE Vol.3」もスタート! 詳しくは、Skoop On Somebodyのオフィシャルサイトをご確認ください。

(TOKYO FM/FM OH! の音楽ワイド番組「LOVE CONNECTION」のコーナー「LISTEN! MY PLAYLIST」5月29日放送より)

最終更新:5/30(火) 11:30
TOKYO FM+