ここから本文です

大気不安定 31日午後は雷雲急発達のおそれ 関東甲信を中心に落雷・突風など注意

5/30(火) 16:31配信

ウェザーマップ

 上空の寒気の影響で、31日(水)の午後は広い範囲で大気の状態が非常に不安定となる見込み。特に関東甲信地方では発雷確率が高くなっており、落雷、竜巻などの激しい突風、ひょう、局地的な激しい雨などに注意が必要だ。

 31日は、東日本の上空およそ5500メートルに-15℃以下の寒気が流れ込むため、大気の状態が非常に不安定となる見込み。このため、昼過ぎから夜遅くにかけて、山沿いを中心に雷雲が発達して、局地的に雷を伴った激しい雨が降るおそれがある。
 
 落雷や竜巻などの激しい突風に注意するとともに、発達した積乱雲が近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど安全確保に努める必要がある。また、ひょうが降るおそれがあるため、農作物や農業施設の管理にも注意が必要だ。

最終更新:5/30(火) 16:31
ウェザーマップ