ここから本文です

佐藤琢磨のインディ500優勝が「とても不快に感じる」と投稿したアメリカ人記者、解雇される

5/30(火) 11:57配信

BuzzFeed Japan

5月29日、インディ500で佐藤琢磨選手が優勝したことに対し、「とても不快に感じる」とTwitterに投稿をしたアメリカの地方紙ザ・デンバー・ポストの記者が解雇されたことがわかった。NBCなどが報じた。

若者にはわからない? 「トミカ」で車種当てクイズ

世界3大レースの一つとして知られているインディ500。5月28日、インディアナポリス・モータースピードウェイで101回目の大会が開催された。

佐藤琢磨選手は、日本人初、そしてアジア人初のインディ500の優勝者であるため、海外でも佐藤選手が達成した偉業は多く報じられている。

しかし、ザ・デンバー・ポストのスポーツ記者テリー・フレイ氏は、佐藤選手の優勝が決まったあとに「とても不快に感じる」とTwitterに投稿した(現在ツイートは削除されている)。

「特に悪気はないのだが、戦没将兵記念日の週末に日本人の選手がインディ500で優勝したことに対して、とても不快に感じる」

5月29日は、兵役中に亡くなったアメリカの兵士を追悼する戦没将兵記念日。

第二次世界大戦中、父親の戦友でありアメリカンフットボールのスポーツ選手でもあったデイヴ・シュレイナー氏について書いたことがあるフレイ氏。シュレイナー氏は沖縄戦で亡くなっている。

この投稿に対し、Twitterでは「フレイ氏は人種差別主義で報じ方にも表れている」「ザ・デンバー・ポストに解雇されてほしい」「特に悪気はないのだが、人種差別主義者がこのように公言して安全だと思っているのが、とても不快に感じる」などと批判が殺到した。

これを受けて、フレイ氏は「謝罪します」と一文をTwitterに投稿。

短い謝罪のあとにフレイ氏は自身の見解を説明しているツイートを投稿。

「第二次世界大戦中のアメリカ人スポーツ選手についてたくさん書いてきました」

「父親のチームメイトだったシュレイナー氏が殺された時に身につけていた、彼の家族と恋人の写真が入った財布を持っています。これが私の視点です」

そして、次のように謝罪を述べている。

「間違いを犯してしまいました、ごめんなさい。終戦から72年が過ぎたことはわかっています。そしておそらく政治的、哲学的にも私と似たような思想をもつ人々の気分を害してしまったことを後悔しています。この人たちに対して、謝罪します。(実を言うと、想定されてきた私の政治や哲学の傾向は、かなり事実と異なります)

佐藤琢磨選手にもおわびします。感情的な週末に、私たちが第二次世界大戦で戦った国に関する馬鹿げた言及を--この場合、特に私の父が戦った相手に対し--してしまいました。改めて、おわびを申し上げます。もっと分別をわきまえるべきです。

このような発言をしても建設的な目的は何もなく、言うべきではありませんでした。とりわけザ・デンバー・ポストが巻き込まれてしまったことで自分自身に腹が立っています」

ザ・デンバー・ポストは解雇を発表する声明文をサイトに掲載。Twitterにも投稿された。

「我々の記者が投稿した無礼で容認できないツイートに関しておわびを申し上げます」と謝罪も述べている。

最終更新:5/30(火) 12:09
BuzzFeed Japan