ここから本文です

5カ所から313人 大江山一斉登山

5/30(火) 15:50配信

両丹日日新聞

 京都府福知山市、宮津市、与謝野町の計5カ所から大江山千丈ケ嶽(標高832メートル)山頂をめざして登る第32回一斉登山が28日に催された。朝のうちは小雨がぱらつく時があったが、次第に晴れ間が広がり、幅広い世代の男女313人が登山を楽しんだ。

 大江山に親しんでもらおうと、福知山、宮津、与謝野3市町でつくる大江山観光開発協議会が毎年催している。福知山からは出発地点が2カ所あり、大江町佛性寺の大江山グリーンロッジからは約7キロの道を約2時間30分かけて登るコースで、94人が参加。坂浦の北陵総合センターからは約7キロのコースを約2時間かけて登り、72人が参加した。

 佛性寺コースは、グリーンロッジ前で出発式をしたあと出発。山々の緑や鳥のさえずりなど自然を楽しみながら歩を進めた。

 頂上では各ルートの人が合流し、美しい景色を楽しみ、弁当を食べたり、地元の特産品が当たる〇×クイズなどをした。

 参加者の中で最高齢と最年少の人に協議会から記念品を贈った。最高齢は78歳で、福知山、舞鶴の男性と宮津の女性の3人。最年少は3歳の大江町の女児だった。

両丹日日新聞社

最終更新:5/30(火) 15:50
両丹日日新聞