ここから本文です

料理に失敗し号泣する娘に、パパがかけた言葉。市原隼人の愛情いっぱいの教育に称賛の声

5/30(火) 17:30配信

BuzzFeed Japan

大河ドラマ『おんな城主 直虎』などに出演中の俳優・市原隼人さん(30)が、2歳になる長女との“朝のやり取り”を自身のInstagramで報告しています。パパとしての素敵な一面が垣間見えるエピソードです。

朝、オムレツを作ろうとしていた市原さん。

卵を割りたいという長女に任せてみましたが、失敗してこぼしてしまいました。「服も床もマットにも“ベチャッ”」という状況に、長女は号泣。それでも「卵…ごめんなさい…」と謝ったそうです。

そこで市原さんは、長女にこう聞きました。

「そうね。一番大事なのは失敗した今どう思うかだよ?もぅ、やめる?まだ、やりたいですか?」

すると長女は、「ん~(泣きながら)や”り”だい”~!」。

これを見た市原さん。「その瞬間、ドキッとするほど胸に沁みた」とした上で、こう綴っています。

「こんな事を思わせてくれる事が良くあります。小さな子は毎日が挑戦で、目をでかくして色んな事にむかう姿から学ぶ事が本当に多く、僕が成長させてもらっています。単純に“やりたい事をやりたい”という事がどれだけ素晴らしいか」

「当たり前の様に“謝り”“その状況下での着地点を明確にする”…俺もちゃんとしなきゃなf(^^;」

その後、市原さんと長女は一緒に、卵をこぼした所を拭いて、マットと服をお風呂で洗ったそうです。

この投稿には3万件を超える「いいね!」が付き、「私も2人の子を持つ親ですが、考えさせられました」「ちゃんと向き合ってるって感じすごい伝わってきます」といったコメントが寄せられています。

最終更新:5/30(火) 17:30
BuzzFeed Japan