ここから本文です

津波時の車避難を「浸水想定区域外」に いわき・交通渋滞問題

5/30(火) 10:25配信

福島民友新聞

 昨年11月22日に発生した地震・津波時、いわき市で車での避難による交通渋滞が発生した問題で、津波災害時の自動車避難検討部会が29日、同市で開かれた。市は、津波時の避難方法について「原則徒歩」を徹底する一方、車避難の場合は避難所ではなく「津波浸水想定区域外に避難」などとする避難方針の素案をまとめた。
 市は同地震の際、避難所に向かう狭い道などが渋滞の原因と分析。車避難の場合、遠くに移動できる有用性を生かし、渋滞の原因箇所をつくらないよう遠くの内陸部を目指すよう促したい考えを示した。本年度は車による避難先の目標として、津波浸水想定区域外の目印を設定し、駐車スペースを確保できる広域避難場所などを選定する。
 来年度以降は、地震に伴い踏切が遮断された場合の迂回(うかい)ルートなどを検証する方針。次回の部会で避難方針案を決定し、8月をめどに市防災会議に報告する。

福島民友新聞

最終更新:5/30(火) 10:25
福島民友新聞