ここから本文です

県内4月の有効求人倍率 1.76倍 高水準続く/富山

5/30(火) 20:00配信

チューリップテレビ

 県内の4月の有効求人倍率は1・76倍で、4か月連続で1.7倍台と高い水準となりました。
 富山労働局は、「雇用情勢の改善が続いている」との判断を示しました。

 富山労働局によりますと、仕事を求めている人、1人あたりの求人の数を示す4月の有効求人倍率は、前の月より0.01ポイント上昇して1・76倍で全国で7番目に高い水準となりました。
 これで4か月連続で1.7倍台と高止まりの状態が続いていて富山労働局は「雇用情勢は改善が続いている」との判断を示しました。
 特に運輸業、郵便業でドライバーの人手が不足していて、前の年の4月より15パーセント近く新規の求人数が増加しました。
 富山労働局では、「有効求人倍率は、今後も横ばいで推移する」とみています。

チューリップテレビ