ここから本文です

小林麻央、あごへのがん転移に海老蔵「日々闘っている」

5/30(火) 14:50配信

AbemaTIMES

 「七月大歌舞伎」の記者会見が28日、都内で行われ、歌舞伎俳優の市川海老蔵が出席した。

 7月3日に初日を迎える「七月大歌舞伎」。この公演に出演予定だった中村獅童が、初期の肺腺がん治療のため、18日に休演することを発表していた。

 これについて海老蔵は、「(獅童は)一言で言えば、悔しいだろう。彼とは公私共に仲が良いので、電話で話したり、『必ず良くなる』という彼の言葉があった。『じゃあ必ず治ったときには一緒に舞台に立とうね』、『ああ、待っててね』ということで『待っているよ』っていう男同士の普通の会話があった」と、獅童と男の約束を交わしたことを明かした。

 現在乳がん闘病中の海老蔵の妻・小林麻央はアゴにがんが転移したことをブログで公表。海老蔵は、「日々闘っていて、アゴのこととかいろいろあるけど、その中でも栄養をとって免疫を上げていくことが、今やらなくてはいけないこと」と、がんと闘う妻のために何ができるか模索していると語った。
(AbemaTV/原宿アベニューより)

最終更新:5/30(火) 14:50
AbemaTIMES