ここから本文です

【ブラジル】5月第3週の黒字18億ドル 1次産品が引っ張る

5/30(火) 2:30配信

サンパウロ新聞

 2017年5月第3週(15~21日、5営業日)のブラジルの貿易は、輸出額が47億5800万ドル、輸入額が29億3300万ドルで、収支は18億2400万ドルの黒字だった。同週を終えた時点での今年5月の黒字額は48億5400万ドル、また年初来累計の黒字額は262億2500万ドル。産業貿易サービス省が22日発表した。
 同週の1営業日当たりの取引額は、輸出は9億5160万ドル、輸入は5億8670万ドル。第2週までの同月の平均に対して輸出は3.3%増、輸入は0.4%増だった。
 1次産品の輸出額が11.7%拡大した一方、半製品と完成品の輸出額はそれぞれ6.0%、4.2%、前週までの平均に対して縮んだ。1次産品の増額は主に原油、コーヒー豆、銅鉱石、タバコ葉などが引っ張った。半製品の輸出額は主にパルプ、鉄鋼半製品、皮革、鉄合金、木材チップの減額で縮小。完成品は燃料油、乗用車、飛行機、鉄鋼圧延品、プラスチックポリマーを中心に減らした。
 輸入額は主に燃料・潤滑油、穀物・粉砕品、自動車及び自動車部品、飲料・アルコール、長繊維・人工繊維の増額によって拡大した。

最終更新:5/30(火) 2:30
サンパウロ新聞