ここから本文です

ジョコビッチ脱帽、絶妙ポール回し決め大歓声<男子テニス>

5/30(火) 14:47配信

tennis365.net

全仏オープン

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は29日、男子シングルス1回戦が行われ、第2シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が世界ランク77位のM・グラノジェルス(スペイン)を6-3, 6-4, 6-2のストレートで下し、13年連続の初戦突破を果たした。

【錦織vsコキナキス1ポイント速報】

この日、第1セットを先取したジョコビッチは、続く第2セットでもファーストサービスが入った時に72パーセントの確率でポイントを獲得してグラノジェルスに1度しかブレークを許さず、セットカウント2-0とした。

第3セットの第4ゲームでは、グラノジェルスがネットと審判台の間を通す絶妙なポール回しを決めた。会場は大きな歓声に包まれ、脱帽のジョコビッチはグラノジェルスへ歩み寄り称えた。

その後は、ジョコビッチがトータルで4度のブレークに成功し、2時間27分で勝利を手にした。

2回戦では、世界ランキング59位のJ・ソウサ(ポルトガル)と対戦する。ソウサは、同日の1回戦で同58位のJ・ティプサレビッチ(セルビア)を逆転で下しての勝ち上がり。

tennis365.net

最終更新:5/30(火) 14:47
tennis365.net