ここから本文です

バイエルンの重鎮CBがプレミアへ? 獲得を目論むのは……

5/30(火) 12:50配信

theWORLD(ザ・ワールド)

不振に陥ったボアテング

今季のブンデスリーガで13試合の出場に留まったジェローム・ボアテング(現バイエルン・ミュンヘン)。今季は失点に直結するファウルやパスミスが散見されたほか、右胸を痛めて戦線を離脱するなど、不本意なシーズンとなった。

こうした状況のなか、今季のプレミアリーグを制したチェルシーが同選手の獲得を検討していると、英『Daily Mail』が伝えている。かねてよりセンターバックの補強を画策していると複数のメディアで報じられているチェルシー。現サウサンプトンDFフィルジル・ファン・ダイクに熱視線を注いでいるものの、同選手の獲得が難しくなった場合に備え、ボアテングを補強候補者に据えたという見方が同メディアで伝えられている。

来季もバイエルン・ミュンヘンでのプレイを希望していることが25日の英『Daily Mail』で報じられた同選手。しかし、一時は出場機会が減少したことについて不満を露にしたことが複数のメディアで伝えられていただけに、来季以降の起用法しだいでは電撃移籍の可能性も否定できない。今後の動向に注目だ。

http://www.theworldmagazine.jp/