ここから本文です

東浜4年ぶり完投勝利 ホークス10得点で交流戦また白星発進

5/30(火) 21:37配信

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク10-2中日(30日・ヤフオクドーム) 

 ソフトバンクが中日に快勝し、交流戦は2年連続で白星発進した。初回に柳田の中前適時打、松田の2点二塁打、上林のチーム13戦連続アーチとなる8号2ランなど打者9人の猛攻で6点を奪った。1イニング6得点は今季最多。初回の6得点は、昨年9月28日ロッテ戦(QVCマリン)での7得点以来だった。好調な打線はその後も4点を加え、先発全員の15安打をマーク。2004年以来の7戦連続2桁安打とした。内川は1安打で通算2000安打まで残り41本となった。

【写真】お立ち台で東浜のあごをつかんでおどける内川

 一方、先発の東浜がルーキーイヤーの2013年10月5日の日本ハム戦(札幌ドーム)で完封して以来、4年ぶりの完投勝利。ソロ本塁打2発による2失点でしのぎ、リーグトップに並ぶ今季6勝目を挙げた。ホークスは3連勝で貯金を今季最多の12とした。

西日本スポーツ

最終更新:5/30(火) 21:37
西日本スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/27(火) 11:10

Yahoo!ニュースからのお知らせ