ここから本文です

UCL決勝でベンチならマンU行き加速!? レアルFWベイルはユヴェントス戦でどう扱われるのか

5/30(火) 13:40配信

theWORLD(ザ・ワールド)

BBC不要論もあるが……

6月3日に行われるレアル・マドリードとユヴェントスのチャンピオンズリーグ決勝では、レアルのFWガレス・ベイルの扱いに注目が集まる。ベイルは4月のバルセロナ戦で負傷してチームを離脱していたが、先日チームトレーニングに復帰。調整次第ではチャンピオンズリーグ決勝に間に合うだろう。

エンリケは”ペップ・スタイル”を破壊した悪い指揮官ではない!

しかし、レアルはベイル不在時でも巧みに戦ってきた。特にMFイスコが代わりに入った時にはトニ・クロース、ルカ・モドリッチらと小刻みにパスを繋ぎ、チームの攻撃は上手く回っている。サポーターの中には決勝でもベイルではなくイスコを先発で使ってほしいと考えている者もいるはずだ。

ベイルは先発なのか、ベンチスタートなのか。これにはスペイン『Mundo deportivo』も注目している。同メディアはベイルが決勝でベンチスタートだった場合は以前から関心が伝えられるマンチェスター・ユナイテッドが獲得に本腰を入れるはずだと伝えており、今回の決勝がベイルの運命を変えるものになると捉えている。

何より今回の決勝はベイルの母国ウェールズで開催されるため、特別な思い入れがあるだろう。ベイルのコンディションにも左右されるが、先発できなかった場合のショックはかなり大きいはず。一方でサポーターの間ではカリム・ベンゼマ、ベイル、クリスティアーノ・ロナウドのBBC3枚を無理に並べる必要はないとの意見も多く、イスコ、モドリッチ、クロース、カゼミーロと中盤に4選手を置くやり方の方がバランスは取れている。

指揮官ジネディーヌ・ジダンがベイルをどう扱うのかは1つの注目ポイントだが、今回の決勝がウェールズ代表FWの運命を変えるものとなるか。

http://www.theworldmagazine.jp/

Yahoo!ニュースからのお知らせ