ここから本文です

加藤未唯 四大大会初勝利ならず、世界121位にストレート負け<女子テニス>

5/30(火) 19:22配信

tennis365.net

全仏オープン

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は30日、女子シングルス1回戦が行われ、予選勝者で世界ランク199位の加藤未唯は同121位のT・タウンセンド(アメリカ)に4-6, 0-6のストレートで敗れ、四大大会初勝利とはならなかった。

【錦織vsコキナキス 1ポイント速報】

両者初の対戦となったこの日、加藤は第1セットの第1ゲームからタウンセンドにブレークを許す厳しい展開となったが、引き離されずに粘り強く食らいつく。第10ゲームでブレークチャンスを握った加藤だったが活かせず、このセットを落とす。

その後、第2セットでも第1ゲームからブレークされた加藤は、タウンセンドに傾いた流れを引き戻すことが出来ず、初戦敗退となった。

2回戦では、第7シードのJ・コンタ(英国)とシェ・シュウェイ(台湾)の勝者と対戦する。

現在22歳の加藤は今大会の予選3戦を勝ち抜き、四大大会初の本戦入りを果たしていた。

今大会には、穂積絵莉とペアでダブルスにも出場。穂積/ 加藤組は、今年1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で日本人ペア史上初となるベスト4進出の快挙を成し遂げた。

同日の1回戦には、男子から第8シードの錦織圭、女子から大坂なおみ、尾崎里紗、日比野菜緒が登場する。

tennis365.net

最終更新:5/30(火) 19:31
tennis365.net