ここから本文です

早大2年の島袋将が第7シードを破って初戦を突破 [軽井沢/男子テニス]

5/30(火) 21:01配信

THE TENNIS DAILY

「ポルシェ 軽井沢フューチャーズ」(長野県・軽井沢会テニスコート/本戦5月29日~6月4日/賞金総額2.5万ドル/クレーコート)の本戦2日目は、シングルス1回戦残り11試合とダブルス1回戦残り5試合が行われた。

男子は島袋(早大2年)、女子は松田(亜大1年)が優勝 [H29春季関東学生]

 シングルスでは、第1ードの仁木拓人(三菱電機)、第3シードの高橋悠介(三菱電機)、第4ードの竹内研人(北日本物産)の上位シード勢が2回戦に駒を進めた。

 そのほかの日本勢では、昨年のインカレを制した小林雅哉(早稲田大学)、5月の春季関東学生で優勝した島袋将(早稲田大学)、予選を勝ち上がった正林知大(中央大学)と坂井勇仁(早稲田大学)の大学生4人が初戦突破を果たした。

 ダブルスは、第2シードの今井慎太郎(東通産業)/仁木、綿貫陽介(グローバルプロテニスアカデミー)/綿貫裕介(橋本総業ホールディングス)、菊池玄吾(福井県体育協会)/竹島駿朗(Team REC)、福田創楽(三菱電機)/小ノ澤新(イカイ)、ルカ・カステルヌオーヴォ/ヨハン・ニケルス(ともにスイス)が勝ち上がり、ベスト8が出揃った。

 5月31日(水)は10時00分から、シングルス2回戦5試合とダブルス準々決勝4試合が行われる予定。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者

     ◇   ◇   ◇

【シングルス1回戦】

○1仁木拓人(三菱電機)[1] 6-2 6-2 ●2古田伊蕗(早稲田大学)[Q]

○3小林雅哉(早稲田大学)[WC] 6-4 7-6(3) ●4ルカ・カステルヌオーヴォ(スイス)[Q]

○5坂井勇仁(早稲田大学)[Q] 7-6(14) 7-5 ●6小ノ澤新(イカイ)

○7福田創楽(三菱電機)4-6 6-1 7-5 ●8ヨハン・ニケルス(スイス)[8]

○9竹内研人(北日本物産)[4] 7-6(8) 6-3 ●10岡村一成(ストライプインターナショナル)

○11正林知大(中央大学)[Q] 6-1 1-6 6-4 ●12竹島駿朗(Team REC)[Q]

○18島袋将(早稲田大学)7-6(2) 6-4 ●17トーマス・ファンカット(オーストラリア)[7]

○20ウー・トゥンリン(台湾)6-1 6-2 ●19奥大賢(エキスパートパワーシズオカ)[WC]

○22野口莉央(明治安田生命)[Q] 6-3 7-5 ●21田沼諒太(ワールド航空サービス)

○24高橋悠介(三菱電機)[3] 6-2 7-6(0) ●23松尾友貴(橋本総業ホールディングス)[Q]

○28笹井正樹(フリー)6-1 6-4 ●27田代悠雅(トップラン)[Q]

--------------------

【ダブルス1回戦】

○3ルカ・カステルヌオーヴォ/ヨハン・ニケルス(スイス)6-1 7-6(3) ●4野口莉央/住澤大輔(明治安田生命/橋本総業ホールディングス)[WC]

○6綿貫陽介/綿貫裕介(グローバルプロテニスアカデミー/橋本総業ホールディングス)6-4 6-3 ●5岡村一成/竹内研人(ストライプインターナショナル/北日本物産)[4]

○8菊池玄吾/竹島駿朗(福井県体育協会/Team REC)6-1 5-7 [10-6] ●7関口周一/マーク・ベリース(Team REC/オーストラリア)

○11福田創楽/小ノ澤新(三菱電機/イカイ)6-2 7-5 ●12長尾克己/奥大賢(上武大学/エキスパートパワーシズオカ)[3]

○16今井慎太郎/仁木拓人(東通産業/三菱電機)[2] 6-1 6-2 ●15福田真大/韓成民(慶應義塾大学)

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:6/6(火) 19:38
THE TENNIS DAILY