ここから本文です

[U20W杯]鬼門の立ち上がりを乗り切った日本代表 難敵ベネズエラを押し込み後半へ

5/30(火) 17:48配信

theWORLD(ザ・ワールド)

決定機をモノにできず

30日にU-20FIFAワールドカップのラウンド16が行われ、U-20日本代表が同ベネズエラ代表と対戦した。(以下U-20は省略)

相手の司令塔ペニャランダにドリブル突破を許す場面が散見されたものの、ボールホルダーを複数人で囲む守備でリズムを作った日本代表。11分には杉岡が左サイドから低い弾道のクロスを入れ、三好が左足でダイレクトシュートを放つが、シュートは枠外に逸れた。

球際での激しい守備で立ち上がりの失点を免れた日本代表は、29分に決定機を作る。敵陣ペナルティエリア付近でフリーキックのチャンスを得ると、堂安が強烈なシュートを放つ。しかし、シュートは無情にもクロスバーに当たり、こぼれ球を拾った岩崎のシュートも枠内に飛ばなかった。さらに32分、敵陣バイタルエリア中央から市丸がペナルティエリア内に浮き球のパスを送る。このパスにフリーの岩崎がヘディングで反応するが、こちらもシュートは枠外に飛んでしまった。

その後、前半の終盤は相手の厚みのある攻撃に手を焼いたものの、シュートコースを消す守備で対抗した日本代表が何とか守り切り、前半を終えた。

[メンバー]
GK:小島亨介
DF:藤谷壮、冨安健洋、中山雄太、杉岡大暉
MF:堂安律、市丸瑞希、原輝綺、三好康児
FW:高木彰人、岩崎悠人

[スコア]
日本代表 0-0 ベネズエラ代表

前半終了時点

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合