ここから本文です

インテル行きが加速か!? ローマ、指揮官の退団を正式発表

5/30(火) 19:10配信

theWORLD(ザ・ワールド)

ローマの次期監督は誰になるのか!?

ローマは30日、今季限りで契約が満了を迎えるルチアーノ・スパレッティ監督が退団することを正式発表した。

現在58歳のスパレッティ監督は、2016年1月に成績不振により解任されたリュディ・ガルシア前監督の後任として、2度目のローマ指揮官に就任。約7年ぶりに古巣復帰を果たした。そして、見事チームを立て直し復帰初年度にセリエA3位へ導くと、今季はクラブ最多勝ち点数を更新するなど、2位獲得に貢献。しかし、以前メディアの前で「タイトルが取れなければ契約の延長は行わない」と述べていた通り新たな契約は結ばず、今季限りでの退団が決まった。

そんなスパレッティ監督について、ローマの会長を務めるジェームズ・パロッタ氏は「クラブへ復帰して以降、多大なる努力と重要な貢献を果たしてくれたルチアーノ・スパレッティへ心から感謝したい。今季は彼のリーダーシップのもと、セリエAでローマ史上最も多くの勝ち点を稼ぎ、最も多くのゴールを奪った。我々はルチアーノが将来のために最善を尽くせることを願っているよ」とコメント。そして「クラブは成長の一途をたどっている。新指揮官には我々の価値観と哲学を共有し、ローマの発展に貢献してもらいたい」と述べている。

イタリアでは次期監督候補に、現在サッスオーロ指揮官のエウゼビオ・ディ・フランチェスコなどが挙げられているが、はたして来季は誰がローマを率いることになるのか。一方、噂されているスパレッティ監督のインテル行きは加速するかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/