ここから本文です

「同い年ですが何か?」吉田麻也と乾貴士が同級生であることが話題に

5/30(火) 19:40配信

theWORLD(ザ・ワールド)

ファンもビックリするほどの事実!?

サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也とエイバルの同代表MF乾貴士はともに1988年生まれの28歳で、海外でプレイする同級生としてお互いに切磋琢磨し、刺激し合っているのかもしれない。

Twitterへ投稿された実際の写真 笑顔で肩を組む吉田と乾の同級生コンビ

今季公式戦37試合に出場した吉田。前半戦は出場機会に苦しんだものの、プレミアリーグ通算100試合出場を達成したり、キャプテンマークを任されたりするなど、イングランドで充実したシーズンを送ったのではないだろうか。一方、乾も公式戦30試合に出場。カンプ・ノウで行われたリーガ・エスパニョーラ最終節のバルセロナ戦で衝撃の2ゴールを挙げるなど、スペインでインパクトを残した。

そんな2人は6月に開催されるロシアW杯アジア最終予選へ向けた日本代表メンバーに招集されており、現在代表合宿へ参加中だが、揃って自身のTwitterを更新。笑顔で肩を組む写真付きで、吉田は「同い年ですが何か?」と、乾は「こんな感じやけど同い年。ほんまかなぁ? いや、ほんまらしい!笑 昔から老け顔の麻也、昔から童顔の俺。最初は先輩やと思ってた」と綴った。すると、これに対してファンが反応。「同い年に見えない」や「信じられない」などのコメントが寄せられている。

吉田の投稿には「takashiinui」や「daihyo」、「ヨビサマセ」などと、乾の投稿には「吉田麻也」や「プレミアリーグ100試合以上出場」、「リスペクト」などがタグつけされており、2人の関係の良さが見て取れる。是非とも6月の代表戦では日本を勝利へと導いてもらいたいものだ。

http://www.theworldmagazine.jp/