ここから本文です

「KN-17」か 北朝鮮が発射映像を公開

5/30(火) 22:30配信

ホウドウキョク

北朝鮮メディアは30日午後、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の立ち会いのもと、29日に発射した弾道ミサイルとみられる映像を公開した。
日本時間の30日午後3時40分ごろから、朝鮮中央テレビで放送された映像では、ミサイルがオレンジ色の炎を噴き出して、空高く撃ち上がる様子が映し出された。
また、ミサイルの軌跡を表したとみられるCGでは、飛行距離と飛行時間に加えて、「命中誤差7メートル」と字幕で表示され、目標に正確に命中したことをアピールした。
放送では「(金委員長は)敵撃滅の飛行機雲を力強く刻んで飛んでいくミサイルを眺め、大満足を示された」としている。
ミサイルは、スカッドミサイルを改良した「KN-17」とみられている。
金委員長は、「発射時間をこれまでより、はるかに短縮できる」と評価したうえで、引き続き、ミサイル開発を続けるよう指示したと伝えている。

最終更新:5/30(火) 22:30
ホウドウキョク