ここから本文です

タイガー・ウッズ、酒気帯び運転などの疑いで逮捕 本人は「アルコールの影響」を否定

5/30(火) 12:30配信

クランクイン!

 男子プロゴルフ界の伝説タイガー・ウッズがメモリアルデーの現地時間29日、米フロリダ州ジュピターでDUI(飲酒や薬物などの影響下における運転)の疑いで逮捕されたことが明らかになった。タイガーはすでに保釈されており、声明を通じて「アルコールの影響ではない」と釈明したという。Us WeeklyやTMZなどの海外メディアが伝えた。

【関連】ジャスティンにキーファーも!「セレブたちの衝撃逮捕写真」フォト集


 当局がリリースしたマグショット(逮捕時の写真)では、無精ひげを生やし、うつろな表情を浮かべていたタイガー。近年は手術を要する腰痛に悩まされていたとのことで、声明文の中で「世間の皆さんにアルコールが無関係であったことを知ってほしいです。今回の出来事は処方薬の思わぬ化学反応によるものです。処方薬を混ぜて服用することが自分にこんなにも大きな影響を与えるとは思ってもいませんでした」と、飲酒運転ではなかったことを主張するとともに、家族や知人、ファンに謝罪した。

  情報筋はタイガーが蛇行運転していたため警官がタイガーの車を停めたと語ったとのこと。タイガーの息からアルコールの臭いがしたため、タイガーは酒気検知器に息をふきかけるよう要請されたが拒否したために逮捕されたという。フロリダ州では拒否した時点で自動的に逮捕されるとのことだ。

 逮捕後の検査でタイガーからアルコールや薬物が検知されたか否かは不明。タイガーは声明文の中で、警察当局に全面協力したと説明していた。

最終更新:5/30(火) 13:24
クランクイン!