ここから本文です

警察職員「プチ休」で仕事の効率上がった 沖縄県警が促進

5/30(火) 5:55配信

沖縄タイムス

 沖縄県警は4月から、時間外勤務の縮減などを目的に、時間単位の年次休暇「プチ休」の取得を職員に促している。一部の署はプチ休を活用した独自の取り組みも開始。ワークライフバランスの実現を目指す。

 プチ休は終業時間(午後6時15分)前の3時間以内に取得できる。県警は、年次休暇の年間取得目標を1人当たり10日間としているが、2016年の平均取得日数は5・28日。

 低調さを踏まえ、4月17日からプチ休を試行しており、取得者からは「仕事の効率が上がった」などとの声が上がっているという。

 プチ休の一環として、浦添署は「プレミアムフライデー浦添署プロジェクト」と銘打ち、毎週金曜日に1時間早く帰宅できる制度を導入。

 家庭持ちで共働きも多いという浦添署の崎原永克署長は「家庭がしっかりしているからこそ、良い仕事につながる」と強調した。

最終更新:5/30(火) 5:55
沖縄タイムス