ここから本文です

昨季は”神ってる”活躍で日本生命賞、交流戦に強い鈴木誠也 30日の試合予定

5/30(火) 14:13配信

ベースボールキング

2年前の15年も交流戦打率.371をマーク!

 13年目の交流戦が本日開幕。5連勝で再びセ・リーグ首位に返り咲いた広島は、パ・リーグ3位・西武との敵地戦に臨む。

 過去12年間で3度の最低勝率を記録するなど、交流戦通算125勝164敗11分と大きく負け越している広島。しかし昨季は、セ・リーグ球団で唯一の勝ち越し(11勝6敗1分)を決め、25年ぶり優勝への勢いを加速させた。

 その象徴となったのが、同期間に打率.381、4本塁打、13打点と打ちまくった鈴木。特にオリックスとのラスト3試合では、サヨナラ、サヨナラ、勝ち越しの3試合連続弾を放ち、日本ハムの大谷とともに日本生命賞を受賞した。

 昨季の“神ってる”活躍が印象的だが、鈴木は交流戦初出場となった2年前も、35打数13安打、打率.371を記録している。当時はまだレギュラーではなく規定打席には届かなかったが、楽天の則本やソフトバンクのバンデンハーク、当時西武の岸などエースクラスからもヒットを放ち、その後の飛躍につなげた。

 広島は15年もセ・リーグ2位の9勝9敗と善戦し、昨季は12球団中3位の11勝6敗1分。つまり、鈴木が交流戦に出場して以降、負け越したシーズンはなく、鈴木自身も2シーズン連続で高打率をマークしている。不動の4番打者となり、またひと回り成長した背番号51。自身3年目の交流戦でも、大暴れに期待したい。

【30日の試合予定】

日本ハム(加藤貴之)- DeNA(浜口遥大)
<札幌ドーム 18時00分>
・最近5試合の成績
日(パ4位):●●○●●
De(セ4位):●○○●○

楽天(辛島航)- 巨人(菅野智之)
<Koboパーク宮城 18時00分>
・最近5試合の成績
楽(パ1位):○○●○○
巨(セ3位):○●●●● ※4連敗中…

西武(野上亮磨)- 広島(薮田和樹)
<メットライフ 18時00分>
・最近5試合の成績
西(パ3位):○○○●●
広(セ1位):○○○○○ ※5連勝中!

オリックス(金子千尋)- ヤクルト(ブキャナン)
<京セラD大阪 18時00分>
・最近5試合の成績
オ(パ5位):●●●●○
ヤ(セ5位):●●●●○

ソフトバンク(東浜巨)- 中日(吉見一起)
<ヤフオクドーム 18時00分>
・最近5試合の成績
ソ(パ2位):○●●○○
中(セ6位):○●○○●

ロッテ(石川歩)- 阪神(秋山拓巳)
<ZOZOマリン 18時15分>
・最近5試合の成績
ロ(パ6位):●○○○●
神(セ2位):●○●○●

BASEBALL KING