ここから本文です

鈴鹿8耐に“キング・ケニー”ことケニー・ロバーツ登場。“32年ぶり”に鈴鹿を駆ける

5/30(火) 16:05配信

オートスポーツweb

 鈴鹿サーキットは5月30日、7月27~30日に開催する『2016-2017 FIM世界耐久選手権最終戦”コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第40回記念大会』に、WGP(現MotoGP)3年連続チャンピオンのケニー・ロバーツが来場すると発表した。

【写真】1985年の鈴鹿8耐でケニー・ロバーツがドライブしたヤマハFZR750

“キング・ケニー”の愛称で親しまれるロバーツは、1978年にヤマハのワークスライダーとしてWGPに参戦すると、そこからシリーズ3連覇を達成したレジェンド。

 鈴鹿8耐には1985~86年大会に参戦し、85年大会ではヤマハに史上初の鈴鹿8耐優勝をもたらすかと思われたが、マシントラブルでコントロールライン直前でリタイア。初優勝はならなかったが、現在でも語り継がれる名シーンを演出した。

 そんなロバーツが鈴鹿8耐第40回大会に登場。ウェス・クーリーやグレーム・クロスビーらとともに、7月29日(土)に行われる前夜祭で85年のヤマハFZR750に乗り、同マシンで32年ぶりに鈴鹿を駆け抜ける。

 また大会期間中、GPスクエアで行われる展示イベント『8耐ヒストリー“メガ”ミュージアム』の新たな展示車両も発表された。今回展示が明らかになったのは、1978年の鈴鹿8耐初代ウイナーのヨシムラGS100レプリカなど8台。詳細は以下のとおり。

●展示イベント「8耐ヒストリー“メガ”ミュージアム」
■日時
28日(金)7:30~18:00
29日(土)8:00~19:00
30日(日)6:30~20:00

■場所
GPスクエア

■展示に加わるマシン
1978年 ヨシムラ GS1000(※)
1980年 ヨシムラR&D GS1000R
1986年 チームヨシムラモチュール GSX-R750
1987年 ヨシムラ・スズキ OLIO FIAT GSX-R750
1992年 ヨシムラ・スズキ GP-1プラス GSX-R750
2000年 ヨシムラ・スズキ GP1DAXIM GSX1300R隼
2007年 ヨシムラ・スズキ with JOMO 34 GSX-R1000
2009年 ヨシムラ・スズキ with JOMO GSX-R1000

(※):1978年 鈴鹿8耐第1回優勝車レプリカ仕様

[オートスポーツweb ]