ここから本文です

ドラギ総裁:英EU離脱後の決済機関監督、ECBに「極めて重要」

5/30(火) 8:42配信

Bloomberg

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は29日、英国の欧州連合(EU)離脱後のユーロ建て金融商品取引の決済について同中銀がしっかり監督し続ける必要があると述べた。

ドラギ総裁は欧州議会の公聴会で、「ユーロの安定を確実にすべくEU法の下での適切なツールが必要だ」と述べ、「EU議会が採用する枠組みや、将来のEU-英国関係の条件にかかわらず、システム上重要なユーロ建て決済活動への関わりを少なくとも現水準に保てることがECBには極めて重要になる」と付け加えた。

ドラギ総裁は議員らに対し、「システム上重要な第3国」のセントラル・カウンターパーティー(CCP)清算機関に適用される管理体制の種類を判断するのは最終的に欧州議会になると指摘。また、市場に「システミックな役割」を果たす域外の清算機関が金融安定に突き付けるリスクに備えるために欧州委員会が提案した措置を歓迎する考えを示した。同案は、ロンドン証券取引所グループを含む英主要企業へのEU監督「強化」を意味する可能性もある。

原題:Draghi Says Clearing Oversight After Brexit Is ‘Crucial’ for ECB(抜粋)

Piotr Skolimowski

最終更新:5/30(火) 8:42
Bloomberg