ここから本文です

36歳カシージャスの新天地は?ポルト退団でプレミアリーグが第一候補か

5/30(火) 13:08配信

ゲキサカ

 元スペイン代表GKイケル・カシージャス(36)が今シーズン限りでポルトを退団する可能性が高まっている。スペイン『マルカ』が報じている。

 2015年夏にレアル・マドリーから1年間の契約延長オプション付きの2年契約でポルトに移籍したカシージャスは、ここまで公式戦73試合に出場。今シーズンはリーグ戦33試合で19回のクリーンシートを達成し、ポルトの2位フィニッシュに大きく貢献した。しかし選手側にあるとされる契約延長のオプションを行使せず、カシージャスは退団を希望しているという。

 同紙によると、カシージャスは自身が持つ168試合のUEFAチャンピオンズリーグ出場記録更新を目指して、ヨーロッパ残留を希望しているという。だが、関心を示しているラス・パルマスやマラガ、ソシエダは、古巣レアル・マドリーの対戦相手になるため可能性は低い。そのため、第一候補はプレミアリーグとされており、以前リバプールへの移籍が報じられた。また、他にもイタリアやフランスも検討しているとのことだ。

 現在36歳のカシージャス。未だキーパーとして高いレベルを維持しているだけに、今後の去就が注目される。

最終更新:5/30(火) 13:09
ゲキサカ