ここから本文です

「こんなにあっけなく終わるんだ…」 堂安律、攻撃けん引した男が残した課題

5/30(火) 23:53配信

ゲキサカ

[5.30 U-20W杯決勝T1回戦 U-20日本 0-1(延長) U-20ベネズエラ 大田]

 圧巻のパフォーマンスを披露したグループリーグ第3節イタリア戦から3日後。ベネズエラ戦でもU-20日本代表MF堂安律(G大阪)は相手にとって脅威となるプレーをピッチ上で見せた。しかし、この日はイタリア戦とは異なり、ゴールを奪うことができず。チームも0-1で敗れて準々決勝進出を逃した。

 最大の見せ場となったのは前半29分の直接FKの場面。だが、左足から蹴り出されたボールは鮮やかな軌道を描いてゴールに向かったものの、クロスバーを叩いてネットを揺らすには至らず。その後もボールに積極的に絡むと後半12分にはMF高木彰人(G大阪)へのスルーパスで決定機を創出したが、高木のシュートは相手GKに阻まれて得点には結び付かない。さらに延長前半12分にはFW久保建英(FC東京U-18)、FW岩崎悠人(京都)との連係から自身がミドルシュートを狙うも枠を捉え切れなかった。

 右サイドからのカットインで守備網を切り裂き、周囲とのコンビネーションでゴールに迫る。強引に体を入れて相手からボールを奪い取るなど守備面でも貢献。しかし、延長後半3分に失点したチームは、ベネズエラに逃げ切られて0-1の完封負けを喫した。

 自身は全4試合に先発出場を果たして3得点と結果を残した。「やっぱりゴールを取れたのは大きい。海外の選手は特に数字にこだわっていると思うし、今年に入って個人的に意識していたことなので、そこは良かったと思う」と大会を振り返りつつも、課題が残ったと続けた。

「でも、やっぱり最後の質を上げないといけない。今日はFKもあったし、崩してシュートを打った場面もあったので、あそこで決め切る選手が、『やっぱり、あいつは決める』と思われる選手だと思う。この前の試合でできたからではなく、続けていくことに意味があると思う」

 大会から姿を消すことになり、悔しさを滲ませる。「あとは攻撃陣の得点だけだったので自分の責任だと思うし、ただただ、無念というか悔しさが残っています。ベスト4までは行けると思っていたので、こんなあっけなく終わるんだなと感じています」と肩を落とした。

最終更新:5/31(水) 0:42
ゲキサカ