ここから本文です

クレディSとUOBに1MDB絡みで制裁金、2人永久追放-SP当局

5/30(火) 12:24配信

Bloomberg

シンガポール通貨庁(MAS、中央銀行)は30日、マレーシアの政府系投資会社1マレーシア・デベロップメント(1MDB)が関係する資金フローに関与した銀行を対象とする2年間の調査を完了し、スイス銀行2位のクレディ・スイス・グループとシンガポールのユナイテッド・オーバーシーズ銀行(UOB)に対し、総額160万シンガポール・ドル(約1億2800万円)の制裁金を科したと発表した。

MASの発表資料によれば、マネーロンダリング(資金洗浄)の規制要件への違反と内部統制の不備に対する処分として、クレディ・スイスは70万シンガポール・ドル、UOBは90万シンガポール・ドルの支払いにそれぞれ応じる。

MASはまた、スイスの銀行ファルコン・プライベート・バンクのシンガポール支店の元マネジャー、イエンス・フリート・シュトゥルツェネガー氏とBSI銀行の元行員ヤク・ユー・チー氏に対し、永久追放処分を科すことも明らかにした。ファルコンとBSIはシンガポールでの営業停止を昨年命じられた。

汚職や資金洗浄疑惑の渦中にある1MDBに関係する違反を巡っては、米銀ゴールドマン・サックス・グループの元バンカー、ティム・ライスナー氏もMASから証券業界への関与を10年間禁止する処分を受けている。スイス最大の銀行UBSグループとシンガポールのDBSグループ・ホールディングスを含む8行にMASが科した制裁金の合計額は2910万シンガポール・ドルに上る。

4人の元行員が金融活動を禁止する処分の対象となり、MASは他の3人にも同様の処分(禁止期間は3-6年)を科す意向を通知した。

原題:Singapore Fines Credit Suisse, UOB After 1MDB-Linked Probe (1)(抜粋)

Kyunghee Park

最終更新:5/30(火) 12:24
Bloomberg