ここから本文です

米国で「空のウーバー」、乗客にチャーター便を斡旋

5/29(月) 10:05配信

Bloomberg

米国の大都市間の空の旅は比較的安価で簡単だ。だが、例えばバーモント州バーリントンからメイン州ポートランドに空路で行く場合、ニューヨークなどを経由することになり、時間も料金もばかにならない。巨大航空会社への集約により、かつてこれら地方都市間を運航していた地域航空会社は廃業に追い込まれた。このため多くの人にとっては、車を5時間運転して行くのが唯一の選択肢になる。

全米に点在する約3000の一般航空空港と1万機のチャーター機を活用することで、こんな状況を一変させようとしている新興企業がサンフランシスコにある。米連邦航空局(FAA)規制下にあるセスナやビーチクラフトなどの小型機は、企業や富裕層からチャーター依頼が入らない限り、地上でスタンバイしている。ラッド・デービス氏はパロアルトの空港で自家用パイロット免許を取るための訓練中、配車サービスのウーバーと同様に、アプリ経由で小型機と乗客を結び付けることで「このような空の旅が誰にもできるようになれば素晴らしいと思い立ち」、ブラックバード・エアを1年前に起業した。

チャーター便予約サービスのサーフ・エアやホイールズ・アップと違い、ブラックバードは会員費を取らず、航空機も保有しない。実際の便を運航するのはチャーター会社だ。

ブラックバードは現在、カリフォルニア州の数拠点を結ぶ便をあっせんしている。車なら片道が6ー8時間かかるパロアルトとレイクタホは飛行機なら45分しかかからないが、昨年冬には事前予約での料金が往復199ドル(約2万2000ドル)まで下がったと、デービス氏は指摘する。ブラックバードのアプリには、時間帯が一致すれば相乗りして運賃を下げるオプションも用意されている。

小型機の利用に関して多くが懸念する安全性に関してデービス氏は、悪天候による空港閉鎖を受けて一部の便を州外の空港に着陸させ、そこから利用客を車で移動させたケースがあると話した。小型機のため手荷物の重量を制限しており、15ポンド(約7キロ)を超過した場合は手数料を取っているという。

デービス氏によると、ブラックバードはこれまでに約250万ドルを投資家から調達しており、年内にはカリフォルニア以外の州にサービスを拡大する計画だ。

原題:Cessna Flights for the Masses(抜粋)

Peter Robison

最終更新:5/29(月) 10:05
Bloomberg