ここから本文です

核ごみ処分、エネ庁松山で説明会 参加自治体公表避ける

5/30(火) 9:21配信

愛媛新聞ONLINE

 経済産業省資源エネルギー庁は29日、松山市久米窪田町のテクノプラザ愛媛で原子力政策に関する自治体対象の説明会を開催した。原発の高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分で、地下深くに地層処分できる可能性がある地域を日本地図上に示す「科学的特性マップ」について解説。エネ庁は参加自治体を公表せず、愛媛新聞の調べで県内20市町のうち16市町と県の担当者が出席した。

愛媛新聞社

最終更新:5/30(火) 9:21
愛媛新聞ONLINE

Yahoo!ニュースからのお知らせ