ここから本文です

人気スマホアプリへ動画コマースを配信! FIVE、分散型動画コマースプラットフォームをローンチ

5/31(水) 11:30配信

MarkeZine

人気スマホアプリへ動画コマースを配信! FIVE、分散型動画コマースプラットフォームをローンチ

画像

 ファイブは、様々なスマートフォンアプリへ動画コマースを配信することができる「Interface by FIVE」をリリースした。外部のランディングページに遷移することなく、映像で商品の魅力を伝えながら、そのままシームレスにサンプル請求や商品予約、購入・決済といったアクションが完結する体験を提供していく。

 これにより、EC事業者は自社ECサイトやキャンペーンページに誘導する従来の集客モデルに加えて、申込・決済機能がついた商品映像をユーザーがいる場所に「出張」させていく分散的なアプローチが可能になる。

 同社は、2015年3月からスマートフォン動画広告プラットフォームを提供しており、現在では月間約2,700万人(メディア間の重複を除くユニークユーザー数)のアプリ利用者のオーディエンスを抱えている。このユーザー基盤を活かし、スマートフォンに最適化され、コミュニティの嗜好や価値観に合致した動画コマース体験をFIVE プラットフォーム上のユーザーに対して順次提供していく。

 また従来より、同社は専属のクリエイティブチームを設置し、スマートフォンデバイスやユーザーコミュニティの価値観に合わせた映像制作を手がけてきた。制作実績は年間800本に及び、既存の商品動画やCM素材を配信することに加えて、ユーザーの価値観にあった出演者の起用・企画・映像表現の追求を行っている。

 本リリースに際して、複数の国内大手インフルエンサーマネジメント企業やオンライン決済企業との業務提携を決定。これにより、ユーザーコミュニティの価値観に近い出演者のキャスティングや多様な決済手段のサポートが可能に。EC事業者は、ユーザーコミュニティの価値観にあった出演者を起用した映像制作を行い、購入・決済サービスも一気通貫して利用できるようになる。

最終更新:5/31(水) 11:30
MarkeZine