ここから本文です

パンクした車、話し方不明瞭…逮捕のウッズからアルコールは検出されず

5/31(水) 8:18配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

29日にフロリダ州内で飲酒または薬物の影響下で自動車を運転した疑いにより逮捕されたタイガー・ウッズについて、米国メディアは30日、その場で受けた呼気検査ではアルコールが検出されていなかったと報じた。

【画像】最愛の息子タイガー・ウッズを抱き寄せる、母クルチダさん

報道によると、ウッズは発見された際、メルセデスベンツに一人で乗車し、車道の右側レーンで、右にウィンカーを出した状態で停まり、ブレーキランプを点灯させた状態だった。発見した警察官が、シートベルトを締めたウッズを目覚めさせる必要があったといい、ウッズのしゃべり方は「とてもゆっくりで、不明瞭だった」としている。

さらに、ウッズは自分がいる場所が分からなかったため、呼気中のアルコール検査も受けたが検出されなかった。

30日の午後になって、警察が新たに公開した報告書によると、ウッズの乗った車両の運転手側のタイヤ側面にわずかな損傷が見られ、前後のタイヤがパンクしていた。また、左後方バンパーには傷があり、右側のテールランプは作動していなかったという。

ウッズの逮捕を受けて、今週行われる「ザ・メモリアルトーナメント」のホスト役を務めるジャック・ニクラス氏は「なにが起きたか知らないが、気の毒に思う。タイガーは友達だし、ゴルフ界のために尽力してくれた。彼はみんなの助けを必要としていると思うし、我々は彼が元気であることを願う」と話した。