ここから本文です

アイティメディア、ランドスケイプと協業~企業DBを活用し、リードジェンの品質向上とABMを実現

5/31(水) 12:30配信

MarkeZine

 アイティメディアは、ランドスケイプとの協業を発表した。本協業により、同社が提供するリードジェネレーションサービスの品質向上と顧客のABM(アカウントベースドマーケティング)実現をサポートしていく。

リードジェネレーション:Webサイトでのコンテンツ掲載や展示会への出展、セミナー開催などを通じて見込み客の情報を獲得するマーケティングの手法。リードジェンと略される。

ABM(アカウントベースドマーケティング):企業単位でターゲットを捉えるマーケティングの考え方。企業内にある顧客関連の情報を統合、既存の顧客も含めて売上の最大化につながる企業を優先ターゲットに設定し、マーケティングプロセス全体を最適化する。コンセプトとしてマーケティングオートメーションツールとの相性が良く、同ツールの普及と合わせて注目が高まっている。

 ランドスケイプは、自社で有する企業データベースを活用して、顧客データの整備から、注力すべき未開拓企業の分析・抽出などのABMを支援するためのデータソリューションを提供している。一方、アイティメディアは、運営するオンラインメディアとその会員データベースを活用してホットな見込み客を発見するサービス(リードジェン)を提供している。

 今回の協業において、営業面での連携以外に、「会員データベースの品質向上」「顧客企業への提供データの付加価値向上」「ABMに取り組む顧客向けのターゲット選定ソリューションの提供」に取り組む。今後、リードジェンに留まらず、顧客のマーケティングプロセスの改善に寄与し、よりROIの高いサービスの提供を目指す。

最終更新:5/31(水) 12:30
MarkeZine

Yahoo!ニュースからのお知らせ