ここから本文です

レッドファルクス尾関師「前走は100点の回答」/安田記念共同会見

5/31(水) 15:09配信

netkeiba.com

 昨年のスプリンターズS(GI)の覇者・レッドファルクス(牡6・美浦・尾関知人)が、前哨戦の京王杯SC(GII)に快勝し、マイルのGIに挑む。追い切り後、尾関調教師の共同記者会見が行われた。

(今朝の最終追い切りの狙いは?)
「競馬を使った後なので、あまりやり過ぎない程度に、ただ競馬に向けてしっかりやれるところはやってという感じでした。距離も延びるので少し負荷をかけなければとも考えていましたので、そのようなバランスの良い追い切りができればいいと思っていました」

(追い切りの動きは?)
「先行馬が少し掛かり加減になり、思ったよりも前半離れてしまいました。自分が見ていた場所からだと、追いつくか追いつかないかくらいの感じでしたが、時計的にもしっかりやれましたし、雰囲気も悪くなかったです」

(見事な差し切り勝ちだった前走の京王杯SCを振り返って)
「58キロと他の馬よりも斤量を背負って、悪い馬場の中でどんな競馬ができるのかなという部分もありました。レース自体は1400mにしてはスローな流れでしたが、この馬らしいパワフルな終いの伸び脚でしっかり伸び切って勝ってくれたので、改めて強い馬だと感じました」

(GIに勝って、6歳になって、もう一段上のステップに上がった印象で?)
「高松宮記念(GI・3着)は残念な結果に終わってしまったのですが、そこを1回使って、前走は決して良い条件とは思えなかった中でしっかり結果を出してくれましたので、まだ伸びしろはあるという感触がありました」

(‎左回りのマイルについてのイメージは?)
「前走の結果次第で安田記念に行くかどうかを考えていたのですが、100点の回答を馬の方は出してくれました。前回の競馬の感じであれば、折り合い面等は問題なくクリアできると思います。あとは根本的な距離適性にかかってくるかなと思いますので、挑戦者として臨む一戦になるでしょう」

(前走でデムーロ騎手も手応えを掴んだようだが、その後ジョッキーと話す機会は?)
「ハミの当たる感触など気になるところがあったようで、そのあたりの話をジョッキーからはもらっていて、そのあたりをこちらでも確認しました」

(最後にファンにメッセージを)
「ダートのオープン特別(欅S・1着)の後に、すごい速い時計で芝のCBC賞(GIII)を勝ってくれたり、その流れでGIも制覇してくれるなど、いつも思っていた以上に驚かせてくれる結果を出してくれます。前走もその1つでしたが、また今回も驚かされることに驚かないように(笑)という感じで、頑張ってくれるのではないかなと思いますので、皆さんも応援して頂ければと思います。よろしくお願いします」

(取材・写真:佐々木祥恵)

最終更新:5/31(水) 15:21
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ