ここから本文です

NTT-ATとNTTテクノクロス、コンタクトセンター向けチャット機能で協業

5/31(水) 15:02配信

BCN

 NTTアドバンステクノロジ(NTT-AT、木村丈治社長)とNTTテクノクロス(串間和彦社長)は5月30日、コンタクトセンター向けチャット機能の提供で協業すると発表した。

 NTT-ATは、コールセンター向けソリューション「MatchContactSolution」を提供しているが、オムニチャネル時代のコンタクトセンターとして、電話、メール、ウェブFAQチャネル以外にチャットでの応対ニーズが増えていることから、NTTテクノクロスが提供中のチャットサポートシステム「Remote Attend」をラインアップに追加し、代理店として販売を開始する。

 これを機に、NTT-ATでは、MatchContactSolutionの既存顧客への追加提案に加え、新規顧客にも積極的にアプローチし、顧客やSIerに対してワンストップでソリューションを展開するなど、顧客ニーズに応えていく。また、NTTテクノクロスは営業活動のなかで、MatchContactSolutionを積極的に紹介していく。

 今後、NTT-ATは、MatchContactSolution利用ユーザーのニーズなどを把握したうえで、電話・メール対応との連携や、一人のコミュニケーターが一度に電話、メール、チャットにも対応可能な画面の開発、コミュニケーターに適切なFAQを推奨することができるFAQ連携、さらにはAIとの連携などを視野に、MatchContactSolutionとRemote Attendのシステム連携を目指す。

最終更新:5/31(水) 15:02
BCN