ここから本文です

井の頭レンジャーズ、コラボ・シリーズ第6弾は曽我部恵一を迎えてのフリッパーズカヴァー

5/31(水) 18:07配信

CDジャーナル

 東京・吉祥寺発のジャマイカン・インスト・ファンク・バンド“井の頭レンジャーズ”が、曽我部恵一(サニーデイ・サービス)を迎えた7inchシングル「Groove Tube」をリリース。ダウンロードコード付きで7月19日(水)の発売が予定されています。

 今年4月にリリースされたG.RINAとの「プラスティック・ラブ」のほか、asuka ando、小島麻由美、ソフィア真奈里、かもめ児童合唱団と組んできたコラボレーション・シリーズの第6弾となる今作。A面にはフリッパーズ・ギターのアルバム『DOCTOR HEAD'S WORLD TOWER -ヘッド博士の世界塔-』の先行シングルとしてリリースされ、イタリアの映画『セッソ・マット』テーマ曲を用いたトラックで話題となった「Groove Tube」のカヴァーを収録。退廃的で甘美な歌詞を曽我部恵一が歌い上げる、ルーディなロックステディ・ナンバーとなっています。B面ではUnderworld「Born Slippy」をオルタナティヴなセンスでダブ・カヴァーした、強力なダブル・サイダーといえる内容です。

 アートワークは、曽我部恵一の元レコーディング・エンジニアであり、イラストレーターとしても活躍する吉満ひろゆきによるもの。コーラスには、同コラボ・シリーズの第3弾「ラブ・スコール」でも美声を聴かせたソフィア真奈里が起用されています。

最終更新:5/31(水) 18:07
CDジャーナル