ここから本文です

赤坂のチョコレート専門店で「チョコかき氷」 ブランデーやフルーツを使ったフレーバーも /東京

5/31(水) 7:00配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 赤坂のチョコレート専門店「MAMANO(ママノ)」(港区赤坂3、TEL03-6441-2744)が現在、カカオの希少種「アリバ・カカオ」のチョコレートを使ったかき氷を販売している。(赤坂経済新聞)

さっぱりとした味わいの「アルマニャックフレーバー」

 期間限定で提供する「チョコレートスノーマウンテン」(720円)は、フルーティーで芳醇(ほうじゅん)な香りが特徴のエクアドル産アリバ・カカオから作られたチョコレートとミルクをバランスよく配合し、冷凍庫で約20時間かけて凍らせたチョコ氷を薄く削った同店オリジナルのかき氷。

 現在は3種類のラインアップを用意する。「ノーマル」は、ミルクゼリーの上に削ったチョコ氷をのせアリバチョコソースをかけて提供。「アルマニャックフレーバー」は、ブランデーのアルマニャックを使ったゼリーを入れたかき氷で、アルコールが感じられるものになっている。「アセロラフレーバー」は、ノーマルのかき氷に沖縄県産のアセロラで作ったとろみにあるジュレをかけて提供する。6月からはオレンジのジュレをのせた「オレンジフレーバー」の販売も予定する。

 ショコラティエの鈴木さんは「かき氷が溶けても最後までおいしく食べれるように、ゼリーを硬めに仕上げた。ほかにはない新食感が味わえるので、ぜひ一度試してほしい」と呼び掛ける。

 営業時間は11時~23時(土曜は19時まで)。日曜・祝日定休。9月30日まで。

みんなの経済新聞ネットワーク