ここから本文です

アイロン不要なかりゆしウエア きょう発売

5/31(水) 5:00配信

琉球新報

 サンエーと、マジュンブランドでかりゆしウエアを販売する日進商会は、しわになりにくく伸縮性の高い素材「オリコット」に伝統工芸品の首里織を組み合わせたかりゆしウエアを共同開発した。胸ポケットや襟などに首里織を配した。アイロン不要で手間なく着られる。31日から940着限定でサンエー衣料品店全店で販売する。
 シキボウ(大阪市)が開発したオリコットは、織物とニットの特性を兼ね備えた“ハイブリッド繊維”。伸縮性のある素材とない素材を縫い合わせるとしわが生じやすいが、縫製を担当した日進商会が独自技術で克服した。
 サンエーは数年前から伝統工芸品を使ったかりゆしウエアを販売しているが、2016年度の売り上げは前年比で50%増え「沖縄の工芸品への関心が高まっている」(サンエーの糸数昌哉紳士事業部マネジャー兼バイヤー)という。
 共働き夫婦が増える中、家事を減らす観点からもアイロン不要な服への要望も高まっていた。
 那覇伝統織物事業協同組合の赤嶺真澄理事長は「現代のライフスタイルに合うと思う。多くの人に首里織を使ってほしい」と期待した。
 日進商会の大城英幸社長は「研究を重ねてできた。多くの人に着てほしい」と語った。

琉球新報社

最終更新:5/31(水) 5:00
琉球新報

Yahoo!ニュースからのお知らせ