ここから本文です

村田諒太 王座奪取へ意欲「情熱は全く失われていない」

5/31(水) 1:35配信

東スポWeb

 20日のWBA世界ミドル級王座決定戦でアッサン・エンダム(33=フランス)に“不可解判定”で敗れた村田諒太(31=帝拳)が、30日に放送されたNHK「クローズアップ現代+」に出演し、今後に向けた心境を語った。

 VTRを見ながら試合を振り返った村田は今後について「チームの判断が必要」と話しつつ「情熱は冷めることなく(エンダム戦で)火に油を注がれた感じ。むしろ、初めてプロとしての仕事ができた。多くの人に面白かったと言ってもらえた。個人的な情熱は全く失われていない」と、世界王座への衰えぬ意欲を示した。

 世界再挑戦には本紙既報通り、クリアすべき“障害”は多いが、村田の心が全く折れていないことだけは確かなようだ。

最終更新:5/31(水) 1:35
東スポWeb