ここから本文です

カンヌ出品経験持つ井樫彩の新作「真っ赤な星」で桜井ユキと小松未来がW主演

5/31(水) 5:00配信

映画ナタリー

井樫彩の新作「真っ赤な星」で、桜井ユキと小松未来がダブル主演を務めることが発表された。

【写真】桜井ユキ(他3枚)

監督作「溶ける」が第70回カンヌ国際映画祭シネフォンダシオン(学生映画)部門に出品された井樫が今作で描くのは、心の空虚さを埋めるために体を売ってしまう元看護師・津倉弥生と、彼女に惹かれていく少女・安達陽の交流。弥生役を「過激派オペラ」の桜井、陽役をこれが長編映画初主演となる小松が務める。

本作は8月にクランクインし、2018年に国内外の映画祭への出品および全国公開を予定。6月1日より、制作資金の援助を募るクラウドファンディングがCAMPFIREにて開始される。

(c)『真っ赤な星』製作委員会

最終更新:5/31(水) 5:00
映画ナタリー