ここから本文です

音無師「いつものアンビシャスの乗り方をすると思います」/安田記念共同会見

5/31(水) 20:36配信

netkeiba.com

■アンビシャスを管理する音無秀孝調教師

――前走の大阪杯を振り返ってください。
音無 作戦は後ろから行って終いを生かすだけなんですけど、アンビシャスにとってはスローとは言えない流れでした。それなりにいい脚は使っているし、来てはいるんですけど前で競馬している馬たちに残られてしまいました。

――マカヒキを意識したレースに見えましたが?
音無 それは違いますね。自分のレースをするしかないから。ポジションを取りに行ったりすると(ハミを)噛んでしまいますからね。あれは仕方ないな、と思います。

――この馬のマイル適性はいかがですか?
音無 アンビシャスはいつも行き過ぎても噛むし、後ろから行くと届かない。そういうところはあるんですが、ワンターンの千八は一番合うんですよ。これまで、1600も新馬、二戦目(千両賞)と勝っていますから、ひょっとしたら2000よりは合うかな、と思います。そこを期待して今年は宝塚はやめて安田記念というローテーションにしました。

――大阪杯の後の過ごし方は?
音無 ノーザンファーム天栄に短期放牧をしています。早めに帰厩させましたけど、今回は休み明けになります。

――1週前追い切りはブラックスピネルとの併せ馬で少し遅れましたね?
音無 ブラックスピネルは調教駆けする馬なんです。だから、最初からアンビシャスが遅れると予想して併せたんですけどね。案の定、遅れましたが気にしていません。動きは悪いほうではないと思います。今日も追い切っていますしね。

――その、今朝の最終追い切りはいかがでしたか?
音無 今朝は助手が乗りました。最後、しっかり伸ばすようにと指示しました。今日は時計がかかる時間帯で追い切っています。この馬らしい動きだったと思います。

――ジャッジは?
音無 八割方できた、と思いますけどね。

――残り二割はどう考えていますか?
音無 輸送があるから、あまりやり過ぎてもというのがあるんですよね。

――マイルにあわせた調教はしましたか?
音無 それはないですね。いつもと同じようにやってきましたから。体重の変動が少ない馬なので善し悪しがつかみにくいところがあるんですよ。だから、休み明け、牧場から帰ってきてもほとんど体重が一緒ですしね。心配しているカイバ食いも悪くない。前走より輸送で若干減るくらいかな、と思っています。

――今年に入って二戦走りましたが、上積みは?
音無 短期放牧をしたり、間隔を空けていますよね。事実上、休み明けです。上積みというのは、僕の頭にはないですね。

――GII時代の産経大阪杯ではアッと驚く先行策をみせました。鞍上もその時と同じ横山典騎手ですが、そのあたり何かお話ししていることはありますか?
音無 ありますね。逃げたキタサンブラックをマークした乗り方ですよね?それをまた宝塚でもしたんですよ、似たようなかたちで。そうしたらやはり噛んでしまいました。直線で全然伸びずに終わりました。だから、そのような轍は踏まないことにしようということで横山くんとも話は出来ていますので。いつものアンビシャスの乗り方をすると思います。

――最後にレースに向けての抱負を。
音無 まずは(レースが)流れて欲しいですよね。後ろから行って終い一辺倒ですから、他力本願的な部分もあります。あとは不利のないレースをして欲しいと思っています。

(取材・写真:花岡貴子)

最終更新:5/31(水) 20:36
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ