ここから本文です

まさかの“緊縛師”とコラボ!ゲスの極み乙女。休日課長率いるDADARAY、新曲MVで“苦しくもがく愛”を表現

5/31(水) 12:08配信

M-ON!Press(エムオンプレス)

DADARAYが、本日5月31日に発売となった2ndミニアルバム『DADAMAN』の収録曲「Breeze in me」のミュージックビデオを公開した。

【詳細】MVはこちら

今回のミュージックビデオでは、監督を務めた守屋タカユキ氏、緊縛師のHajime Kinoko氏との初コラボレーションが実現。

ミュージックビデオは休日課長、REIS、えつこ、さらには楽器も縛られ、何かによって動きを制御されている“不自由”な世界と、“自由”を連想させる海辺でのシーンで構成。ふたつの世界観の対比が守屋タカユキ氏、Hajime Kinoko氏によって見事に表現されている。

さらに、楽曲のテーマでもある“会いたくても会えない”一方的な気持ちともリンク。これまでDADARAYが発表してきた映像とはひと味違った作品となっている。

監督・守屋タカユキ氏コメント
“苦しくもがく愛”を描きました。
伝えたくても伝わらない、届けたいけど届かない。そんなもどかしいことの連続な気がしていて、自由な場所にいながらも不安な表情で何かを探します。つねに僕らは箱の中にいるような気がしていて、そこから出ようとしている。待ち続けることで身動きがとれなくなるのかなと。それを緊縛で描きました。皆どこで、なにかに、縛られている。それを解きたい気持ちがどこかあると思っています。そして、その苦しさの反面に必ずある美しさも同時に表現しました。

緊縛師・Hajime Kinoko氏コメント
このMVで初めて緊縛を見たという方もいるのではないでしょうか? 緊縛は、日本だと卑猥なものとして捉える人が多いようですが、他国では、緊縛はアートとして捉えられており、サッカーでいうブラジルさながら、罪人を捕える捕縛術から今の緊縛に発展を遂げた日本は“緊縛の祖国だ”と注目を集めているのです。その緊縛を採用した今回のMVは、世界を視野に入れ、日本という狭い世界の枠を超えたものにチャレンジしているという気がします。僕がやった緊縛は、“様々なしがらみに取り憑かれたもの”がイメージで、その後だんだんと縄がほどけていくのは、見る人によって“解放”というイメージを様々な理由をつけて捉えると思います。その“解放”のイメージが、今回このMVを観た人の明日に繋がる何かになってくれたらいいなと思います。

リリース情報
2017.04.05 ON SALE
MINI ALBUM『DADAISM』

2017.05.31 ON SALE
MINI ALBUM『DADAMAN』

2017.06.28 ON SALE
MINI ALBUM『DADAX』

ライブ情報
DADARAY presents「DADAPLUS~SPECIAL PARTY~」
06/10(土)東京・東京キネマ倶楽部
出演:DADARAY & enon(川谷絵音)

DADARAY 2man tour「DADAPLUS vol.2」
07/06(木)福岡・DRUM SON
07/07(金)岡山・CRAZYMAMA 2nd ROOM
07/10(月)茨城・club SONIC mito
07/11(火)千葉・LOOK
07/18(火)愛知・名古屋 池下CLUB UPSET
※各地のゲストに関しては後日発表

DADARAY oneman tour「灯火」
07/20(木)大阪・BIGCAT
07/22(土)東京・赤坂BLITZ

「Breeze in me」MV
https://youtu.be/IQgQmxlOy0Q

DADARAY OFFICIAL WEBSITE
http://dadaray.com