ここから本文です

欧州市場サマリー(30日)

5/31(水) 4:19配信

ロイター

[30日 ロイター] - <為替> ドルが大半の通貨に対して下落した。欧州政治を巡る懸念や日欧米の株安などに伴い、慎重な見方が広がり米国債利回りが低下、ドルの重しとなった。

外為市場:[USD/J]

<ロンドン株式市場> 反落した。ポンドの持ち直しに伴って輸出関連の銘柄が売られた。

前週は世論調査でメイ首相率いる保守党の野党・労働党に対する支持率のリードが縮小したことが判明し、ポンドが2%近く値下がりした。30日はポンドが持ち直し、ポンド安の恩恵がなくなるとして輸出株が売られた。FT100種<.FTSE>の中では、たばこ大手のブリティッシュ・アメリカン・タバコ<BATS.L>やインペリアル・ブランズ<IMB.L>、製薬会社のシャイアー<SHP.L>の下げが目立った。

ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)を傘下に持つインターナショナル・エアラインズ・グループ(IAG)<ICAG.L>は1.4%安。週末にBAのシステム障害で多くの便が欠航になって以降、初めての取引日だった。

ロンドン株式市場:[.LJP]

<欧州株式市場> 4営業日続落で取引を終えた。イタリアの政治を巡る先行き不透明感と、投資判断の引き下げによって銀行株が売られ、全体の重しとなった。

イタリアで総選挙が前倒しされるとの見方から、前週から利益確定売りがみられる。これまで好調だった銀行などの部門で特に顕著だ。

STOXXユーロ圏銀行株指数<.SX7E>は1.52%低下した。ドイツ銀行がユーロ圏の銀行に対する投資判断を「アンダーウェート」に引き下げたことから市場心理が悪化した。ドイツ銀行は、昨年夏からの銀行株の値上がりを受け、利益確定売りを推奨。投資家向けのメモで、ユーロ圏の経済成長は次第に弱まるとの見方を示した上で、銀行株が景気に最も左右される銘柄の1つとした。

欧州株式市場:[.FJ]

<ユーロ圏債券> 独連邦債利回りがおよそ1カ月ぶりの水準に低下した。ドイツのインフレ率が予想以上に鈍化し、欧州中央銀行(ECB)が金融政策の正常化を進めるに当たり、大きな課題に直面していることを浮き彫りにした。

5月のドイツ消費者物価指数(CPI)は、欧州連合(EU)基準(HICP)で前年同月比1.4%上昇と、昨年11月以来の低水準となった。伸びは前月の2.0%上昇から鈍化、市場予想の1.6%上昇も下回った。

前日にはドラギECB総裁がインフレは引き続き抑制されており、ユーロ圏はかなりの金融刺激策が依然として必要と発言。独インフレ鈍化も加わり、6月8日のECB理事会における政策スタンスの大幅変更の可能性は一段と低下した。

独10年債利回り<DE10YT=TWEB>は0.29%と、4月25日以来の低水準をつけた。

ユーロ圏金融・債券市場:[DE/BJ]

最終更新:6/11(日) 14:56
ロイター

Yahoo!ニュースからのお知らせ