ここから本文です

韓国 けさのニュース(5月31日)

5/31(水) 10:00配信

聯合ニュース

◇米国 北ICBMに備えた初の迎撃実験「成功」

 米国防総省は30日(現地時間)、北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)に備えた初の迎撃実験が成功したと発表した。米本土へのICBM攻撃を想定し、太平洋のマーシャル諸島付近から発射した模擬ミサイルを、西部カリフォルニア州のバンデンバーグ空軍基地から迎撃ミサイルを発射して撃ち落とした。

◇米国防総省「THAAD配備の過程は透明」

 米国防総省のデービス報道官は30日(現地時間)、最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の発射台が韓国に新たに搬入されていたことに関し、米国は配備過程で一貫して透明な手順を踏んだとの立場を示した。その上で「われわれはTHAAD配備に関し韓国政府と引き続き緊密に協力する」と述べた。韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、南部・慶尚北道星州郡内の用地に設置されたTHAAD発射台2基とは別に4基が韓国に搬入されながら事実上の政権引き継ぎ委員会の役割を果たす「国政企画諮問委員会」へ報告がなかったことに対し、真相を徹底的に調査するよう指示している。  

◇与野党 きょう首相候補の任命同意案を採決

 国会は31日午後に本会議を開き、首相候補の李洛淵(イ・ナクヨン)前全羅南道知事の任命同意案の採決を行う。これに先立ち国会人事聴聞特別委員会は午前の全体会議で、人事聴聞の審査経過報告書を議決する予定だ。同委員会は前日、最大野党「自由韓国党」以外の与野党の幹事が報告書採択に合意している。一方、自由韓国党は29日に、任命は認められないとの方針を定めた。

◇韓国に強制送還の崔順実被告娘 検察が逮捕

 朴槿恵(パク・クネ)前政権の国政介入事件の中心人物、崔順実(チェ・スンシル)被告の娘のチョン・ユラ容疑者が31日(日本時間)、デンマークから韓国に強制送還中の機内で韓国検察に逮捕された。法務部と検察によると、検察の護送チームは午前4時8分ごろ、経由地のオランダ・アムステルダムの空港でチョン容疑者が韓国・仁川行きの大韓航空機に搭乗した直後に逮捕令状を執行し、身柄を確保した。同日午後3時過ぎに仁川に到着予定だ。

◇暑さ一服 全国的に曇りで一部では雨

 31日は全国的に曇りで、一部の地域では雨が降る。このところ続いていた暑さが和らぎそうだ。朝鮮半島中部と南西部の全羅道、南東部の慶尚道で午後から夜にかけ、雨が降るところがある。降水量は多くないとみられる。

◇韓国の自動車生産 今年は世界6位からも後退か

 韓国自動車産業協会は31日までに、韓国の1~3月期の自動車生産台数を104万971台と集計した。前年同期に比べ3万378台減少した。1~3月期としては2010年(97万4388台)以来、7年ぶりの低水準だ。また、減少率も2.8%と、完成車生産の世界トップ10の中で最も大きい。韓国は昨年、完成車生産トップ5から転落したが、今年は6位維持も厳しいとの見方が出始めている。

最終更新:5/31(水) 14:56
聯合ニュース