ここから本文です

福留「なにくそ」4番の意地V打 金本阪神、就任最多15得点で交流戦白星発進

5/31(水) 6:03配信

デイリースポーツ

 「交流戦、ロッテ7-15阪神」(30日、ZOZOマリンスタジアム)

 日本生命セ・パ交流戦が30日、開幕。阪神は金本監督就任後最多となる15得点の猛攻で、ロッテとの打撃戦を制した。4-4の五回、福留孝介外野手(40)の勝ち越し打から一挙6得点。前打者・糸井が敬遠気味で歩かされ、闘志を燃やした主将の意地の一打が打線に火をつけた。

【写真】福留、藤浪にマジ説教「しっかりやれ!」ベースカバー怠り

 勝負師の心が燃えたぎった。前打者・糸井が敬遠気味の四球で歩かされ、勝負を挑まれた。「(一塁ベースが空いていて)相手がそういう作戦をとるのも仕方ない。でもまあ『なにくそ』と思いながら打席に立ったけどね」。福留が4番の意地でチームに勝利を呼び込んだ。

 シーソーゲームの展開を打ち破った。同点で迎えた五回。一走の上本が二盗を成功させた後だった。目の前で糸井が外角へ大きく外れたボールを見送り、一塁へ歩いた。無死一、二塁となり集中力を高め、打席に入った福留。初球を捉え、遊撃手の左側へ鋭い当たりを飛ばした。

 打球はそのまま左翼へ抜ける勝ち越し打となった。「歩かされた後だったし、初球から積極的に打ちにいった。勝ち越すことができてよかった」。この一打が猛虎打線に火をつけた。

 1死後、鳥谷が左前へ運んで満塁とした。次打者・糸原は二ゴロながら、これが野選を誘って追加点。なおも1死満塁から俊介、梅野が2者連続の左翼線2点二塁打でたたみ掛けた。打者一巡の猛攻でこの回一挙6点。勝負の流れを決定付けた。

 六回以降も攻撃の手を緩めない。着々と追加点を重ね、金本監督就任以来最多、交流戦では球団史上最多となる15得点を記録した。指揮官は「そうなんだ。風もあったしね」と軽く受け流したが、交流戦初戦勝利をど派手に飾る猛攻だった。

 乱打戦の中でも、主将・福留の存在感が際立つ3安打2打点だった。今季もここ一番の場面で頼りになるが、決して常に万全な状態で臨んでいるわけではない。今季序盤にチームを救った代償-。4月15日・広島戦。右翼線に飛んだ当たりにダイビングキャッチしたが、その際に左肩を痛めた。

 その後はアップ時や、守備に就く時に左肩を多めに回したり、もんでほぐすしぐさは見せていたが、決して公言することはなかった。それでも試合に出続け、結果を残す。プロフェッショナルとしての意地とプライドではじき返した、勝ち越し打だった。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/24(月) 12:05